05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

『俺の屍を越えてゆけ2』×「プレコミュ」制作会議!! 参加してきました 

140316011IMG_3897.jpg


注:写真多数お呼ばれされたのは品川駅港南口から徒歩5分ほどのところにあるSSJ品川ビル。


140316012IMG_3898.jpg




140316013IMG_3899.jpg


上のほうに微かに見えるオレンジ



140316014IMG_3900.jpg



15:30からだったので15分前にビルの中へ。

当選番号を照会して、同意書に住所氏名を記入。



首からぶら下げるパス。これはお持ち帰りOKでした。


140316015IMG_3902.jpg



定刻に誘導開始。17階のイベントスペースへ。



140316016IMG_3903.jpg




1403160120IMG_3918.jpg



お花見をイメージした華やかな会場。入場すると巫女さんから渡されたのは朱色の糸で封がしてあるVITAとヘッドホンが載ったお盆。懐紙が敷かれている。



1403160163IMG_3963.jpg



1403160121IMG_3919.jpg



前方には前説及びディスカッション用の椅子。後方にはプレイ時に使う、茶屋のような緋毛氈の敷かれた長椅子が多数。周りには展示物が多数。

撮影自由とのことでしたので遠慮なく撮って参りました。ではしばしご堪能下さい。クリックで原寸表示、照明の映り込みはご容赦。





140316017IMG_3904.jpg





140316018IMG_3905.jpg





140316019IMG_3906.jpg




1403160110IMG_3908.jpg




1403160111IMG_3909.jpg




1403160112IMG_3910.jpg




1403160113IMG_3911.jpg




1403160114IMG_3912.jpg




1403160115IMG_3913.jpg




1403160116IMG_3914.jpg




1403160117IMG_3915.jpg




1403160118IMG_3916.jpg




1403160119IMG_3917.jpg






1403160122IMG_3920.jpg





1403160123IMG_3921.jpg




1403160124IMG_3922.jpg




1403160125IMG_3923.jpg




1403160126IMG_3924.jpg




1403160127IMG_3925.jpg




1403160128IMG_3926.jpg




1403160129IMG_3927.jpg




1403160130IMG_3928.jpg




1403160131IMG_3929.jpg




1403160132IMG_3930.jpg




1403160133IMG_3931.jpg




1403160134IMG_3934.jpg




1403160135IMG_3935.jpg




1403160136IMG_3936.jpg




1403160137IMG_3937.jpg




1403160138IMG_3938.jpg




1403160139IMG_3939.jpg




1403160140IMG_3940.jpg




1403160141IMG_3941.jpg




1403160142IMG_3942.jpg




1403160143IMG_3943.jpg




1403160144IMG_3944.jpg




1403160145IMG_3945.jpg




1403160146IMG_3946.jpg




1403160147IMG_3947.jpg




1403160148IMG_3948.jpg




1403160149IMG_3949.jpg




1403160150IMG_3950.jpg




1403160151IMG_3951.jpg




1403160152IMG_3952.jpg




1403160153IMG_3953.jpg




1403160154IMG_3954.jpg




1403160155IMG_3955.jpg




1403160156IMG_3956.jpg




1403160157IMG_3957.jpg




1403160158IMG_3958.jpg




1403160159IMG_3959.jpg




1403160160IMG_3960.jpg




1403160161IMG_3961.jpg




1403160162IMG_3962.jpg



ラフ画好きなんでかなり堪能しました。



撮影しているうちにイベントスタート。司会進行役の広報の岩田さんが桝田さん、永嶋ディレクターを呼びこんで詳細な説明。

まとめると「今回はシナリオ面は除いたほぼシステム面のみの体験版」「産まれた時点である程度育った状態に設定」「質問があったら途中でどんどん聞いて欲しい」ということでした。

「第一部でカメラを使った初代当主のメイキングが面白かったのかずっとやってる人がいて、何しに来てるんだか(笑)@桝田」などという発言も。


というわけでプレイスタートで封を解く。VITA2000の軽さよ。


初代党首のメイキング。なるほどこりゃハマる理由もわかる。基本私の顔がベースだからずんぐりむっくりのBSIKになるんですが、角度を微妙に調整するとイケメンが出来上がる(笑 微調整も可能。

ちなみに2回目の撮影でそこそこのイケメンが出来上がったのでプレイしてたら、どうも作成がうまくいってなかったみたいで一月経った時点でお姉さんが別のVITAを持ってきて当主作成だけやり直ししました。そしたら手持ちのVITAに即それが反映されててモニタリングのハイテクさにちょっと驚く。

基本職業の中から初期選択で好きなのを3つ選べる。当家は弓使いと大筒師と薙刀士。


家の中には初代当主とその兄弟の二郎と三郎、それに夜鳥子(あれ?

なんで夜鳥子さんがいるんだかわからないんですがとにかく討伐に出かけることに。その前に桝田さんが「ダンジョンの手前の敵はかなり強いから2、3手で死ぬことも。15000両持ってる設定だからちゃんと装備買ったほうがいいよ」と言われてたので仰せの通りに街へ行って装備調達。6000両くらいする鎧を当主様に着させて出発。


まずは竜宮何とかという浜辺と洞窟のステージ。





おお、俺屍だよこの感じ。一番不安だった画質とロードがほぼ気にならなかったのは非常によかった。正直綺麗とは言わないけど、マイナスでないならいいです、有り余るほどのプラスがあると確信しているので。

戦闘は今回オートモードが搭載。ドラクエ風に言うと「みんながんばれ」と「じゅもんつかうな」の2つが選べる。余裕なら使ってもいいけど、少なくとも今回は舐めプしてるとすぐ死んだ。もちろんいつでもオートは解除可能。






こんな風に全身と、かなり見やすい個人情報となっている。戦闘のエフェクトは△で飛ばすこともできるし、戦闘のテンポはかなりよかった。敵のHPもゲージでおおまかに把握できるようになったし。

コーちんはイタチに姿を変え、一族に付いてきます。たまに戦闘中に武人とか補助呪文を打ってくれたりもします。


フィールドでは□ボタン(確か)でおまかせ回復が可能。戦闘の後もそうだし、ダッシュしてもいちいちメニューを開いて回復する必要がなくなったのは快適。後ろのとりやすさはまあこんなもんでしょ。そこそこ取りにくくもあり、これあんまり取りやすいと逆に問題だと思うし。


熱狂の朱い火が付くと音楽が変わります。祭り囃子がワッショイワッショイと鳴り響き、戦闘時の背景も火が燃え盛るようになっています。コーちんがその時にアナウンスしてくれるんですが、若干のタイムラグがありましたのでこれは修正に期待。

あと、パーティの強さより周りの敵が強いと「強敵注意!」ってコーちんが音声でアナウンスしてくれるんですが、画面変わるごとにずーっと言いっぱなしで正直ウザかったです。あれは切れるようにしてほしいな。


帰宅して今度は他国へ。






楽し「そう」と言ってますが、正直このプレイ時間ではそこまで差がついてなかったので、違いを視認することはできませんでした。でも、何かに特化した街というのはいい。ファミ通情報ですが全ての施設をMAXまで上げることは不可能なそうなので、センスが試されますね。





火車丸さん強いっす。併せなければまず死んでました。




くららさん強かった…護衛のクラゲがくららさん庇ってたんで技の併せも通用しなかったわ。






交神は当主と木曽ノ春菜様で。ポリゴンでも相変わらずお美しい。


1歳7ヶ月で夜烏子さんお亡くなりになったのはちょっと驚いた。死なないと思ってたので。正直夜烏子さんに頼ってたのでそこからの戦力低下がまあ酷い。


ひと通りプレイしてあっという間に2時間が終了。プレイレポートを回収して、しばし休憩の後ディスカッションへ。


皆様から改善点が数多く出されました。私が特になるほどなと思ったのは槍使いの前後列貫通の際にスポットライトが当るのが前列だけで後列は普通にダメージを喰らうので、後列も対象がわかるようにして欲しいという提案。

未プレイの方から戦闘中の技名の読みがわからないので、カナを振ってほしいとの提案。なるほどなとは思いましたがこれは難しいと言われてましたね。PS版とPSP版でのあの半角カタカナは結構味だったんですが。

漢字を調べる時に部首から調べたいというのは納得。代々同じ部首付けたり、画数で決める人もいますよね。





私が言おうとして止めたのは、完全に好き嫌いのレベルだと思うんですが今回家系図がPS版のように縦なんですね。私は断然PSP版のように横のほうが見やすかったんですが。

あと、今月の予定を決める際に従来通り自分で決める他に、こーチンに全部おまかせか、一緒に考えましょうというコマンドが新設されました。一緒に考えましょうはいいんですが、全部おまかせはほんとにノータイムで戦場行ったり交神したりするんですね。戦場はいいけど交神はこちら側も相手の神様も全部おまかせなので、私はうちの次男坊が再び木曽ノ春菜さんと交神してしまいましたよ。

さすがにリスキーなコマンドなのではないかと。一番上の「こーチンコマンド」の一番上に置くのはどうかなと思いました。1番上は一緒に考えましょうでも良いのではないかと。というかそもそもこーチンコマンドは3番目くらいでいいよね。一番上には一族コマンド持ってきましょうよ。


ついでにもうひとつ、部隊編成する際に、訓練と指導する人を指定してその後出撃メンバーを選ぼうとすると指導する側が普通に選べてしまって勝手に自習になってしまってた気がするんですが。PS版とPSP版だと「中止だとお知らせしておきます!」って言ってくれるけど特に何も無かったのでここは若干分かりにくかったところ。


一番ちょっとな…だと思ったのはVITAの文字入力なのでこれはどうしょうもなく。キー配列はともかくタッチ精度の悪さはどうにもこうにも。


時間にして30分程度ディスカッションし、イベントは終了。

最後に来場者全員と桝田さん、スタッフの皆様、あと巫女さんで記念撮影。イベント感想文を書かせていただきました。



おみやげに手ぬぐいを頂戴しました。


1403160164IMG_3964.jpg


桝田さんのサインと、永嶋ディレクターのサイン。「もう…わかってますか私単なる会社員ですよ!?」と言いつつも快くサインしていただいてありがとうございます。


楽しい時間をありがとうございました。発売がますます楽しみになりました。2014年夏…夏…9月くらいと予想してるんですがその時期だとどのみち11月半ばまではやれないというのが確定してる身としては辛いorz

カテゴリ: 俺の屍を越えてゆけ

tb: --    cm: --