05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~ 

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る

今回は全編江戸川乱歩づくし。


私も、ここにも出てくるポプラ社版の少年探偵シリーズは大体読んだ記憶があります。もう中身忘れてますけどね…公民館で通読したものなので。手元で何度も読まないと忘れる…


怪人二十面相―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)怪人二十面相―少年探偵 (ポプラ文庫クラシック)
(2008/11)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る



そうそうこれ!この表紙よ。柳瀬茂さんという方らしいですね>表紙の画家さん



暗号文の間違いって、本人結構恥ずかしかったんじゃないかと想像。

文だからかなり後になったとしても訂正できるけど、ラストイニングのタッチアップとかどうするんだろ…単行本収録時に全リテイクとか?週刊連載しておいて不可能に近いと思うけど。



心酔してる作家の全集が並んでる部屋っていいと思う。憧れる。

だが、僕はこの言葉のほうが心に響いた。

「どうして『揃い』でないといけないのか。読みたい作品が入った本だけを取っておけばいいではないか。読みもしないのに全集だからとわざわざ全部取っておく必要はない。全集は揃っていれば確かに美しいかもしれないが、あなたの本棚を他に誰が見るというのだ」@辰巳渚著「捨てる技術」より

モノサシの差ですけど、私が採るのはこちらのモノサシ。




正気じゃ手に入らないような物凄い古書ってなんだろね。




ここのより凄い本ってあるのかね。

>万葉集古義(鹿持雅澄著)
>群書類従原本(塙保己一著)
>中右記(中御門右大臣 藤原宗忠著)

ジャンルが違うなw



そしていよいよ大輔が栞子さんに告白。どうなる2人の関係。

カテゴリ: 読書、漫画

tb: --    cm: --