06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

劇場版THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 





錦織敦史監督「劇場版THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」バルト9でのキャスト全員集合プレミア初日舞台挨拶に行ってきました。
私は1回目上映終了後ではなく、2回目上映開始前の回での参加。


140122011IMG_3186.jpg


一応13:30からとチケットに記載がありましたが色々見まわりたかったのと念の為に12:30過ぎに現地着。


140122013IMG_3190.jpg


ドリンクとポップコーンセット缶バッジ付き1100円也をゲット。


可愛い!…んですがこれ座席に置けないから結局下の土台を座席の下にやって、飲み物をホルダーに入れて、ポップコーンをコートと一緒に手で持つんですがこれがガサゴソ音がして正直はた迷惑。ビジュアル考えたらこっちなんだけど実用考えたら筒2つのほうが絶対良かった。


140122012IMG_3188.jpg


しかもこれランダムで週替りとか鬼やで。


スクリーン6前で待機すると、前の回の音声が外にだだ漏れ。ちょっと得した気分。


前の回のP諸氏が全員捌けてから入場。最後列中央やや右寄りでした。距離はありましたが全体を把握出来ましたし、言ってもライブ会場のように豆粒みたいに見えるわけではないから良し。


舞台挨拶っていうから長くても15分か20分くらいかなーと思ってましたがたっぷり1時間。

全員集合というのはやはり感動しますね。平田さんに最初に「お帰りなさい!」コールしたやつGJ。
各々が自分のキャラの見どころ、他のキャラで気になった見どころをひとつづつ上げていく方式。滝田さんがネタバレ本気で自重できなさそうでテンパってるとことか、半分千早として冷静に成長過程を見て欲しいといい後半でアサミンゴスPとして好きが止まらない感じになってるところとか、くぎゅが結構熱入れて語ってたところとか、良かったですねえ…若林さんが都度救済役になって時間まで気にされてたのはさすが。


アイドル全員、やはり後輩ができたことでキャラがどう成長しているのかというのを観てほしいというのは一致してました。


ガミP登場、錦織監督の手紙を若林さんが代読されて、たっぷりの舞台挨拶は終了。


…すみません4000円強の舞台挨拶ちょっと高いとか一瞬思ってしまって。全然安かったです(ほんとはもうちょっと払ってますけど)。


ちなみに舞台挨拶が終了した後、まあまあな人数がそそくさと席を立つ。


私も両サイドが固められていたので、ああトイレか僕も行ってこようと思い席を立ちましたがよく見ると皆荷物を持っている。


ナルホド舞台挨拶のハシゴか!そりゃそうだよな挨拶が1時間で上映2時間なら終わるのは4時半。他の舞台挨拶の時間把握はしてませんがそんなに遅いとも思えないので、今出ないと間に合わないと。なんかそれも趣旨からすると如何なものかとは思いましたが。



140122011IMG_3221.jpg


入場時に配布されたセル画風クリアファイルと台紙。伊織Pとしては申し分無し。
それに先ほどのポップコーンセット付属のゆきぽ缶バッジ。






さて映画本編ですが、やはり気になっていたのはグリマス面子の扱い。

どうなっているか不安でしたが、そこは完全に杞憂でした。グリマスをやったことのない自分でもちゃんと受け入れられるような仕組みになっていました。


ただ上を、先を見てればよかった、後ろを見る余裕なんか無かった今までと違って、後輩ができ、憧れられるような存在になることで視野を広げる必要性が出てきて、それが春香とグリマス側のヒロインである矢吹可奈ちゃんとの関係性、それと対になる伊織ー北沢志保ちゃんラインを中心に巧く描かれていました。




478 名前:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/25(土) 19:49:30.66 ID:usrkN1pf [4/4]
まぁ志保の言ってることも標準的なプロ意識としては間違ってないとは感じた
ただ単に765の流儀とは合ってなかったってだけで


500 自分:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/25(土) 19:53:45.72 ID:c+lJhKEt [8/12]
>>478
常識的にはハッキリと正論なだけに、春香の正当化の仕方によっては
単に憧れられてた子にえこひいきしてるように見えかねなかったけど
そこの葛藤をながーく尺を取って丁寧に伊織とかに説明させたおかげで
765流のやり方というのをうまく表現してたね。


520 返信:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/25(土) 19:58:41.07 ID:loUR9KyN [6/11]
>>500
やっぱ劇場版は伊織の貢献というか献身が光るね、志保を諌めると同時に春香に対しては明確にダメ出しするあそこはターニングポイントのひとつだった

11話の、伊織ちゃんはみんなに優しいですよっていうやよいの台詞、劇場版のみんなならすぐにうなづいちゃうんじゃないかな




伊織Pとしてはもう最高でした。そう、まさに献身。チーム全体を俯瞰で見る能力はもしかして伊織が一番なんじゃないでしょうか。

ただ、ある意味その割を食ってしまっているのが見守るポジションのキャラクター。成長しているから見守るという行為もちょっと色が弱くなっていて、具体的にはあずささんや貴音の影がかなり薄めに…まあこれは全員公平にというわけにもいかないでしょうし。



これは最大の問題だと思うのですが、映画的にひとつ、重大な欠陥があるなと思いました。それがこれ。帰ってきてすぐの書き込み。



297 自分:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/25(土) 19:08:58.41 ID:c+lJhKEt [1/12]
バルト9で観てきた。
2回目の舞台挨拶も、ネタバレ禁止な感が全体的にもどかしくてそれもまたよかったし
グリマスやってない自分もちゃんと受け入れられるようないいつくりでした。アイマスやっぱいいね。

基本ほぼ全肯定なんだけど気になる点としては
バックれのexcuseとして太っちゃたネタを使ったのはいいし、ウェットな展開はむしろ好物なんだけど
その割には「全力を出したい!」と散々矢吹さんも北沢さんも言ってたライブで
苦心の跡が見えないのが…あそこでクラップばかりじゃなくもうちょっとダンス凝らないと全部のピントがぼやけてるような気がした。


308 返信:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/25(土) 19:10:56.05 ID:m/NvPNla [2/3]
>>297
ほんとラストのライブがストーリーの説得力を台無しにしてるよな
一曲丸々動画にするって試みのために作品が犠牲になっちゃった感ある

325 返信:名無しくん、、、好きです。。。[sage] 投稿日:2014/01/25(土) 19:14:10.41 ID:p9Bm8cda [6/22]
>>297
他の曲でちゃんと踊ってるんだろうけど、そういうシーンも入れて欲しかったね
「1曲分丸々書く」というアイデアを達成するために割りを食った感じ
BDで追加してもいいんですよ、アニプレさん




ボヤケてるような気がした、と書きましたけどボヤケてます
展開からしてあそこはそれこそ、凝ったダンスをグリマスに踊らせて、何なら春香と可奈ちゃんが一瞬目が合うくらいの演出は入れても良かったんですよ。1曲丸々入れる必要はどこにもなかった。


だって今までやってきたことは何だったのって言う風になるじゃないですか。ストレスで太って、それをまた元に戻すくらいハードな練習をして、葛藤も紆余曲折も、全てはこのライブのためにあったわけじゃないですか。


だったらそのライブでグリマス面子の成長ぶりを見せないでどうするんだってことですよ。アニマスは765面子を見せるのが役目かもしれませんが、映画的には765面子の成長を見せなければいけない。765面子の成長を描くためには、765面子のダンスを見せてもしょうがないんです。むしろそこは大胆に割愛してもいいんです。だってもう765面子の技術的には完成しつつあるんですから。


765面子が先輩として、視野を広げて、ひとつ先の、輝きの向こう側へ行ったのであるならばあそこはグリマス面子がいかに技術的に成長したかを見せなければいけません。それこそが765面子の成長を描くことなのです


そこで大体ハンドクラップしかしてないというのは…映画全体の評価を大きく下げる要素になったと、鑑賞から一晩立った今ではそう思ってます。


じゃあそのライブ自体が手放しで褒められるかと言えば、確かに凄いとは思いますし前代未聞の試みだとは思いますけどそこまでとは思えなかったのが正直なところ。勿論凄いですよ、凄いですがアニマスの特徴であり売りだったのはヌルヌル動く手書き演出だったので、決してそこまでとは言いがたいCGを多用してたのが残念。フルCGだったらそれこそプリキュアのEDにしろラブライブにしろアイカツにしろあるわけですから。




とは言え、それ以外のところに不満はなく、全体で見れば高評価です。

よくここまで作って頂いたと思います。

カテゴリ: アイドルマスター/シンデレラガールズ/ミリオンライブ

tb: --    cm: --