09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【im@s×特撮】ゴジラ誕生 第2話 観覧メモ 




第一話観覧メモ
原子怪獣現わる [DVD]原子怪獣現わる [DVD]
(2013/09/04)
ポール・クリスチャン

商品詳細を見る



>『原子怪獣現わる』(げんしかいじゅうあらわる、The Beast from 20,000 Fathoms)は、1953年に制作されたユージーン・ルーリー監督によるモノクロ特撮怪獣映画。

>現代に蘇った恐竜と人間との攻防を描く作品。『Monster from Beneath the Sea』としても知られる。

>原作はレイ・ブラッドベリの短編小説『霧笛』(The Fog Horn)。特撮部分をレイ・ハリーハウゼンが担当している。登場する恐竜と思しき巨大生物は、原作小説では「灯台のサイレンに反応して現れた」とされているが、映画では「核実験によって復活した」と設定変更されている。「夜の灯台を怪獣が破壊する」というシーンに原作の名残が見られ、それが本作の名場面にもなっている。水爆実験で蘇った巨大な怪獣がニューヨークの街を破壊していく様が特撮で表現されており、日本の特撮怪獣映画『ゴジラ』(1954年)にも大きな影響を与えた。


この動画のOPで流れている灯台が破壊されるのがこれか。で、襲いかかってるトカゲみたいなのがリドサウルス(Rhedosaurus)と。




体つきがゴリラみたいで鯨肉が好き→アダ名:グジラ→ゴジラ

>その話ウソだときみ夫人が・・・

諸説あるそうですが、間違いなくインパクトあるネーミングですよね。




香山滋(萩原雪歩)

>1904年(明治37年- 1975年(昭和50年)。探険小説や幻想的な小説で活躍した他、映画『ゴジラ』の原作者としても知られる。本名は山田鉀治(やまだ こうじ)。
>多くの空想小説、秘境探険小説で珍獣、怪獣を登場させていたことで、1954年に香山のファンだという東宝プロデューサーの田中友幸に、水爆を象徴するような大怪物という意図で『G作品』(ゴジラ)のストーリー作りを任され、原案とシナリオを提供。映画化後に小説版『怪獣ゴジラ』を岩谷書店から刊行する。


ストーリーのベースを考えた方、という解釈で宜しいのでしょうか?

10日でストーリーとキャラの大枠を考えてくるとか、速筆の方だったんですね。



本多猪四郎
(菊地真)

Inoshiro_Honda.jpg


>特に最初に入営した歩兵第1連隊では将校が二・二六事件を起こしたので、事件後の部隊が満洲に送られ、通常2年ですむ現役が長引いた。復帰後、再度軍に召集され、日中戦争に従軍。終戦は中国で迎えた。この間、本多の両親や兄弟はすべて他界していた。

うわ悲惨…歩兵第一連隊ってことは栗原さんのとこか。風当たり強いのはなんか納得。


>8年間も軍にいたため、本来は山本門下の3人のうち最も先輩だったにもかかわらず黒澤(1943年『姿三四郎』で初監督)、谷口(1947年『銀嶺の果て』)に対して1951年、本多が40歳の時にようやく監督昇進となった。
>『太平洋の鷲』以降円谷英二とのコンビで多くの特撮映画を監督した。1954年『ゴジラ』は全米で大ヒットを記録[1]。一躍、世界に名を知られる映画監督となる。

遅咲きの方なんですね。


この方も実は最近まで存じ上げませんでしたが、神のひとりなんですね。パシフィック・リムの最後にレイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐとの献辞があった方ですね。で、そのハリーハウゼン監督というのが原子怪獣現わるや、前に貼った「アルゴ探検隊の大冒険」や「シンドバット」を作った特撮の神様と称せられる方と。



さらばラバウル [DVD]さらばラバウル [DVD]
(2005/07/22)
池部良、三國連太郎 他

商品詳細を見る




黒澤明(星井美希)

akira_kurosawa.jpg



この人知らない人はいないでしょうけどね。私も30作中半分くらいは観ました。今のところ一番好きなのが「悪い奴ほどよく眠る」。


>「“飯を作れ”というと、黒澤は食べきれないほどのフルコースを用意する。本多は綺麗に重箱に詰めてくる」

で、後に

>枠をはめられることを嫌っていた黒澤がその完全主義を徹底させた『赤ひげ』(1965年、 山本周五郎原作)は、撮影期間約1年を要して大幅な予算超過となり、東宝との関係は悪化。東宝との専属契約は、解除された。

こういう風になっていくわけですね。



小林一三(高木順一朗)


10007631328.jpg


超有名人ですな。wikipedia見て最初に吹いたのが
>同姓同名の作家「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」とは異なります。
ナゴムレコードのケラさん、本名が小林一三なんですかwww


>阪急電鉄や宝塚歌劇団をはじめとする阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者。

>鉄道を起点とした都市開発、流通事業を一体的に進め相乗効果を上げる私鉄経営モデルの原型を独自に作り上げた。山梨県出身。第2次近衛内閣の商工大臣、1941年(昭和16年)から貴族院勅選議員、幣原内閣で国務大臣、初代戦災復興院総裁を歴任したが、戦後公職追放となった。

>阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道をはじめ、交通、住宅地経営の不動産業、阪急百貨店の小売業、宝塚歌劇団、阪急ブレーブスの興行業など、阪急東宝グループを成す数多くの事業を興したことで知られる。




1954年のゴールデンウィーク


君の名は 第3部 [DVD]君の名は 第3部 [DVD]
(2007/10/26)
佐田啓二、岸惠子 他

商品詳細を見る




七人の侍(2枚組)【期間限定プライス版】 [DVD]七人の侍(2枚組)【期間限定プライス版】 [DVD]
(2013/08/02)
三船敏郎、志村 喬 他

商品詳細を見る




ローマの休日 [DVD]ローマの休日 [DVD]
(2011/02/15)
オードリー・ヘップバーン、グレゴリー・ペック 他

商品詳細を見る




なにこの大作揃い。



宮本武蔵 DVD-BOX宮本武蔵 DVD-BOX
(2005/12/23)
三船敏郎、八千草薫 他

商品詳細を見る



稲垣浩監督の宮本武蔵、これも存じませんね。


雅俗山荘、美術館を経て今はレストランになってるみたいですね。そこそこいいお値段。

カテゴリ: ニコニコ動画

tb: --    cm: --