07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

軍師官兵衛NHK版ガイド前編 

軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)軍師官兵衛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2013/12/20)
NHK出版、 他

商品詳細を見る




なんで尼の画像シルエットになってるの?


(…当然実物は岡田准一がちゃんと写ってます)以下原則敬称略。




プロデューサーが中村高志、監督(チーフ演出)が田中健二。風林火山コンビなのでここで一安心というのが率直な感想。

命の大切さを全面に出すと聞いてたのでまた薄っぺらいエセヒューマニズムに溢れた作品かとげんなりしてたが、とにかく生き残ることが目的なんだという趣旨らしい。白い官兵衛を描きたい発言はまだ気になるが。


風林火山は演出や歌舞伎のような世界観はよかったけど、あまりに舞台舞台しすぎてエキストラの少なさの限界に挑戦したんじゃないかというようなつくりが逆にバストアップの濫用とそれによる絵造りの不味さに繋がったので、そこら辺で変なこだわりが無いようにしてくれればと思ってます。



今回のキャスティングの肝は、それ以外が全て吹っ飛んだまさかの竹中直人が秀吉で再登板。

かつての大河の主人公が同じ役で出るのは、私の知る限りありません。似た事例ですと同時代であることを示すために緒形直人主演の信長で木下藤吉郎役を演じた仲村トオルが琉球の風の第一話でサプライズ的に豊臣秀吉を演じたというのはありましたけど、主役がどっぷり脇で出るというのは異例。

ウルトラCなので人柄とかも大分変えてくるだろうし、官兵衛の呼び名もかんぴょうじゃなくてかんべえだろうけど、あれが最高だったんで事あるごとに比較してしまいそうなのが多分相当なリスクになる気がする。



脇のジジイ連中が皆いい顔してるんだよね。黒田休夢役隆大介とか母里小兵衛役塩見三省とか円満役麿赤兒とか。大河では美味しい役しか持ってかないでお馴染み(笑)陣内孝則は宇喜多直家。足利義昭は玉置浩二の怪演がありましたが今回は北条時宗で宗尊親王をやった吹越満。小早川隆景も常連の鶴見辰吾。


ボウズもよくて、安国寺恵瓊はアル・パチーノ、ケヴィン・ベーコン、ショーン・ペン、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウなど数多くの持ち役で有名な声優界の重鎮山路和弘。本願寺顕如の眞島秀和もボウズにするとなかなかのツラ構え。


逆に一番不安なのが信長役江口洋介なんですが…変にキチらせるとひどいことになりそう。江口さんはトレンディドラマのイメージしかないからなあ。渡哲也が竹中直人の上司ってのはわかりますけど、なんか江口洋介だと若殿様って感じで関係性が違って見えてしまいそう。


原作脚本の前川洋一は裏切った側のメンタリティに言及してるのはいい着目点だと思います。
具体的に名前を挙げているのが小寺政職、荒木村重、明智光秀の3人。前2人は勿論、明智光秀もキーマンになってくるのではないかな。明智光秀の春風亭小朝はアリだと思いました。同じ恰幅がいい役者でもショーケンが甲高い声でやるよりはるかにマシな予感。

小寺政職が前半で「黒田官兵衛」をつくる役割になると思ってます。片岡鶴ちゃんなら不足なし。そして黒田官兵衛が主役の時でないと綿密に描かれることはないであろう有岡城幽閉の1年の原因となった荒木村重は田中哲司。信長がいかに「わかってない」男なのかを描写する上で荒木村重は欠かせないので、信長と秀吉を通じて黒田官兵衛をどう描くかに注目。



あとは若手組ですね。


岡田准一、母里太兵衛役速水もこみち、栗山善助(利安)役濱田岳、井上九朗右衛門(之房)役高橋一生、母里武兵衛役永井大、石田三成役田中圭。この辺は悪くないんじゃないかと思うんですが


黒田長政役松坂桃李、後藤又兵衛役塚本高史、栄姫役吉本実憂。この3人かなり不安。



今のところかなり期待度は高いので頑張って欲しいと思います。

…ナンダカンダで毎年期待はしてるんですよ私。


SPの菅野祐悟のメインテーマにも注目。うちの大学とかまどろっこしい言い方せずに音大なら音大って言えばいいのに。

カテゴリ: 大河ドラマ

tb: --    cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。