05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

課金とパワプロとアイマスと 

伊集院光深夜の馬鹿力 2013年10月22日分での発言から抜粋。
ゲームの説明みたいなのは諸々省略。


とうとうお別れの時が来たなと。ついに来たね!嘘であって欲しかったんだけど。


<ダイジョーブ博士の説明中略>


今回、どうやら失敗しても時間を戻せるっていうアイテムが出たらしい、入るらしいんです。しかもそれが有料で1回100円っていう。リアルマネーで100円っていう。


これ実は300円らしいですけどね。


あのさ、こっからあんまりギャグ無くなりますけど。昔ね、パワプロにハマりにハマってた時にパワプロを作ってるプロデューサーさんに取材をする機会があったんです。今から十何年前ですね。プロデューサーも代替わりしてると思うんですけど


(実在の選手に似せた選手をわざわざサクセスモードで作ってたので、サクセスで作った選手とエディットで作った選手の見分けさえつけばいいんだからエディットモード作ってくれと提案した時に)「そういう夢を叶えることも大切。だけどバランスは有る。果たしてオールA選手みたいなものがいくらでも作れるとなった時にサクセスにトライする人数が減るってことだって考えられる。一生懸命やってるユーザーのこうなったらいいのになぁっていうのを全部呑むっていうことと、面白いゲームっていうとことを冷静に判断しないといけないから、僕はそのエディットモードは作らないと思う」って話をしてたのね。


大正論。作り手としての魂が感じられる発言ですね。


で、結果100円とったら何でもできるってことになっちゃうともうなんだか分からなくてさ


しつこいって思われてると思うし、ゲームが好きな人からすればアイツは何言ってもダメなんだよね。あのオッサンはそういうのに対していつも否定的だって言われるけど、やっぱりね、ゲームの面白さの中心のところに、お金でなんとかなるとか小銭を稼ぐっていうのは絶対に間違ってると思うんだ。やっぱりそこで、ユニフォームがどう違ったりとか、面白い顔の選手が出来るとかは俺はお金払っても良いと思う。そこにお金を払う分には俺はなんとも思わないけど。


すごく本末転倒だなぁって思うのは、他の人とネットを介してゲームができるってこととか、対戦できるってことがすごく充実してきているにも関わらず、そこが金でなんとかなるっていうことの…


パワプロってゲームの俺の中で、サクセスモードで一番好きなところは、オールAがなかなかできないことなの。で、できた時の喜びと、できた瞬間のつまらなさなの。


ついにできた!ってこととああできちゃった!ってこと。オールAができた日から温度が下がっていくっていう、そのバランスが凄い好きなんだけど、それがお金を払うと戻せるっていう。今、色んなゲームでその傾向が強くなってるから、それが時代の流れだっていって諦めるのは諦めればいいし、もっといえば使わなければ良いじゃんって人が結構いっぱいいるんだけど俺は果たしてそうは思わない


だったらわかんないけど1000円で20勝すれば良いじゃん。優勝すれば良いじゃん。そこにお金を1000円入れるとその場で優勝するってことになれば良いし、200 キロのボールが出れば良いじゃんって思うんですよ。でも、ゲームってそうじゃねぇんじゃねぇかと



色んなゲームの中に、その制度がいっぱい出てきてて、シビアさが面白いって言われてたゲームの中に、金でなんとかなるってなってくるともうどうしようもないよね



ちょっと前に振り返ると、当時はギャグで書いてるから何の問題もないんだけどパワプロにダイジョーブ博士が課金で再手術頼めるようになったらやっちゃうんじゃないかってことを半分ギャグで書いたことも言ったこともあるし、もっと言えばラブプラスとかがそうなったら無尽蔵に金を入れていくんじゃないかと思って。


逆に、ゲーマーってそうじゃないよねって。痒いところに手が届く感と、届かない感のバランスが面白いんであって、そこに手ぇ付けちゃうんだったら…



ゲームの製作者って、ゲームやってたわけじゃん。1回もゲームやったことなくてゲーム作ってる人なんていないと思うんだよね。いちゃいけないと思うんだよね。その人達はそれで良いのかな。




課金とどう付き合うかという難しさですよね。大体において賛成です。


課金にも色々種類があると思います。現在私の思いつく限りですけど




ゲームセンターのプレイ代、ドラクエ10やFF11のようなMMORPGの月額課金というような場所代としての課金


CSアイマスのアクセサリのようなゲームの中核、本線には関係ないけどより楽しめる為のエクストラアイテムを買う課金。伊集院さんが言ってる「パワプロの球場の四隅に男根がw」みたいなのがこれですね。F2Pなんかはこれ主流なんでしょうか。


FE覚醒の追加シナリオのようなゲーム性の中核には影響を与えない範囲での追加要素での課金


そしてゲーム性に大いに関係する先ほどのパワプロのようなゲームバランスが課金ありきで成り立ってしまうようなソーシャル的な課金


大別してこの4つだと思うんですけどね。ガチャはまた別



3番目のゲーム性の中核に影響を与えないっていうのは非常に曖昧で、例えばFE覚醒でも金や経験値がゲームバランスが崩壊するくらい手に入ってしまうのは確かにゲーム性の中核に入るかも知れないですが、そういうことじゃないんですよね。スタンドアロンで完結してるソフトの救済措置としての課金には何ら問題は無いと思ってます。


CSアイマスでもメルアドを買うというのは、買わないとブーストが付かないからこれはゲーム性に関係する課金。これほぼ必須です。比較的良心的と言われる艦隊これくしょんのドッグ増設なんかも一応これですね。これも1000円2000円くらい1度きりで上積みで払う分には問題ないでしょう。


あと、パッケージにお金を既に出してるのに更に課金ってふざけんな!みたいな論もありますけど、私はそこは本筋からズレていると思ってます。

例えばシェルノサージュ、あれは初めからシナリオ分売しますよって宣言してましたし、あれでバグさえ無ければ多分お金出してたと思います。長い間楽しめればそれなりのお金は出しても構わないと僕は思ってます。元々かなり廉価で楽しませてもらってる自覚はありますから。



ただ、無尽蔵に金が必要で大枚はたいた奴が凄いみたいなのはそれもうゲームじゃないよな…って思うわけです。



ソーシャルゲー全否定はしません。あれはあれで面白いです。コミュニケーションツールとしてはいい。ただ別物。



だから、今回パワプロがこんな風になってしまったのはものすごく残念だし、アイマスの現状にもちょっと言いたい部分があるんです。




確かに、コンシューマーのゲームってやり込めば時間あたりの値段というのは物凄く安くなります。

現在モンハン4はあまりできてはいないとは言え2ヶ月で130時間越えてます。時間あたり46円ですよ、オンライン無料で。これはやっぱり安いですし、有難いと思います。

その半面、大してゲーム性の無いソーシャルゲームが莫大な金額を売り上げているのを見るとどうしてもそっちの方面に行きたくなるのもわからなくはありません。


泳ぐやる夫シアター やる夫の友達が、アイマスに○○万円つっこむようです。 後編―4



ここのやる夫(筆者)の推測というものが物凄く正鵠を得ていると感じます。


元々コナミはかなりソーシャルに力を入れてきましたが、おそらくパワプロチームだって今回のダイジョーブ課金をやりたくてやった人はいない…と信じています。少なくとも今は。今後そこら辺の神経が段々麻痺したらどうなるかはわかりませんけどね。


「出来ない事」で成り立ってるゲームを「出来る事の範囲内」でどうにかしたいんで、無尽蔵に課金していけばどうにかなりますよっていうのはもうそれは本質的にはゲームじゃない。やらなきゃいい、関わらなきゃいいって話とも違って「そっちのほうが儲かるじゃん。なんでやんないの?by株主」もしくは「株主様のご要望じゃ課金せいー!by経営陣」ってなっていくのであれば物凄く嫌。

課金はツールと一緒で、その制度に賛成反対とは無関係にやらないと話にならなくなる。同じ土俵にすら立てないわけです。
じゃあ使わなきゃいいじゃんと言う人もいるんでしょうが、そういう方法が存在するという時点でやる気無くします正直。


先程言ったように困った事を課金で解決できる程度で済んでるうちはいいのかもしれませんけど、そのうち絶対課金前提のバランスのゲームが増えていくんですよ。時間の無い社会人が経験値やお金を買って楽に進めるってその程度はいいですけど今のパワプロみたいに根幹ともいえる部分を金で解決できるとかジョジョASBみたいにフルプライスのパッケージを買わされた上にプレイに時限設定されててその制限を外すのに現実の時間経過か課金なんてどうかしてるゲームが出始めてしまいますからね。


そういう手段が用意されてるってだけで使わなくても腹立たしく思います。だってそれがあるって事はどっかで絶対それを使うことを想定したバランスを取ってるってことですから。BDFFの完全版も課金入れる宣言をして結構文句言われてましたけど当然だと思います。元々難易度の高いRPGだったのにそこに課金要素入れるとかバランス調整どうなってるの?って思いますよ普通。


だからソーシャルゲーを「無課金で楽しく遊ぶ」っていうのは賢いんだか馬鹿なんだかわかりません


どっちみち課金する奴はするんだからそれは大富豪の皆様にお任せして無課金あるいは微課金の範囲で楽しく遊びましょうというのは確かに賢く見えます。私もこのスタンスで行こうと思ってます。ですが、ソーシャルゲーがもっと蔓延ると今回のように従来のゲームにまでソーシャル的課金が浸食するんじゃないかと思って。


そう考えると本当は駆逐されてほしいんですが現実には絶対そうはならない。世の中お大尽が多くてびっくりします。お大尽なんだか貧乏人なんだかわからんけど


ゲーム性云々全く抜きにしても、金が無いから僻んでるかと言えばそうでもないんですよね。濡れ手に粟で宝くじ3億当たったらいたずらに100万くらいつぎ込んでもいいかも知れないですが、1000万程度なら御免被りますね。というか100万じゃどのゲームでも「そこそこ」でしょうね。だからどっちにしても私の価値観ではありえないことです。




そしてもうひとつ言いたいのがアイマスについて。


これずーっと言いたかったんですけど、なんだろうねこの現状。


ジュドさんのおかげで一緒にサイドの神席で、8thライブを物凄く楽しませていただきました。ですがどうにもモヤッとくるものが。それはモバマスとグリマスの扱い。6thでは完全に別扱いで7thの時にはまだまだって感じでしたが8thではもう一体化してるかのような感じ。


私がアイマスを好きになったのって、見た目でもなければキャラでもないんですよね。アケマスって軟派な見た目でミニゲームとギャルゲーパートとでなーんだと思わせといてオーディションの3すくみが凄くハードで熱かったから好きになったんです。ゲームとして純粋に面白かったから好きになったんです。


でもそれが今や、私的にはある意味真逆なゲーム性皆無のクリックゲーと不可分な扱いをされていることに、どうも納得がいかないわけです。面白さを求めて、そこに乗っかってるキャラクターや楽曲や世界観やステージやらを愛してきたのに、面白さの原資ゼロのものが乗っかってくるこの感じ。可愛けりゃいいってもんなのか?って。


かと言ってこの世界を好きになった身としてはスルーもできない。そこでモバマスだけは無課金で細々とやっていますけど。グリマスもそろそろ始めなきゃいけないのかな…と。そしてそこに義務感を抱いていることにまたちょっとした嫌悪感が。


ただ冷静に考えると、L4Uみたいなファンディスクみたいなのは除いても今までアーケードで出ました、箱で出ました、PSPで出ました。2になって少し時間が経ちました、アニメもやりました。今度竜宮と律っちゃんも含めた完全版出します。もう充分やることはやりきったと思うんです。


だとすると次は3rdVisionとして3。そしてここまで膨れ上がったコンテンツを全く活用しないことはあり得ない。そうするとモバマスとグリマスからキャラ引用して3かなという風に見てます。そうするとやっぱりこの世界にある程度触れておいたほうが「得」かなと思わなくもないわけで。


確かに楽しもうと思えば楽しめるんです。グリマスは知りませんがモバマスは私にとってかなり都合がよくて、ゲーム内でボッコボコにされるのは覚悟の上でも、キャラクターのことはその気になってアンテナ立てれば充分知れますし、アンソロジーと同人誌とCDくらい抑えておけば充分なんですよね。コミケでグリマスの同人誌って殆ど見たこと無いし、アンソロもついぞ見たこと無いのでそこら辺ちょっと気になりますが。




とりあえず自分の手の届く範囲で楽しもうというのが結論です。駄文長文平にご容赦。

カテゴリ: ゲーム総合

tb: --    cm: --