10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

よしながふみ 大奥10巻 

大奥 10 (ジェッツコミックス)大奥 10 (ジェッツコミックス)
(2013/10/28)
よしながふみ

商品詳細を見る



「あまりに理不尽ではないか!!!」



ここまで追ってきた読者全員の代弁者黒木さんの咆哮。



正直、前巻と史実から見てこの路線なのは予想出来ていましたが、想像以上のバッドエンドで話に入り込んでた分胸糞が悪くなりました。


青沼、源内が去り田沼も消えたこの世界。将軍は男子が立ちましたがしかしまだ赤面疱瘡が撲滅したわけではなく、この希望の灯を誰かが受け継がなくてはならないのですが、おそらくそれは伊兵衛と黒木さんなのではないでしょうか。



史実も結構酷いですからね。



平賀源内は酒に酔っただか狂乱したかで人を殺傷して破傷風が原因で獄死。
杉田玄白の書いた碑文、嗟非常人 好非常事 行是非常 何死非常(ああ非常の人、非常のことを好み、行いこれ非常、何ぞ非常に死するや)の通り尋常ではない死を遂げ


田沼家はというと意知亡き後、意知の子意明が家督を継ぎこの間に粛清され遠州相良藩5万7000石から陸奥下村藩1万石に減封。意明は24歳で死去。

その弟の意壱が後を継ぐも21歳で死去。

更にその弟の意信が後を継いでこれまた22歳で死去。

その後は、田沼意次の弟田沼意誠(おきのぶ)の孫である田沼意定が後を継いだが先代意信の直後に死去。


その後が意次の4男である田沼意正。最初養子縁組で水野家に入っていたが意次失脚で養子縁組を解除され、本家の跡継ぎとなる。で、水野家に入っていたことが功を奏し後に老中首座となる水野忠成(ただあきら)が意正を引き立て、ようやくここで旧領遠州相良藩に復帰、若年寄に就任。子孫は後に華族に列せられたそうな。



松平定信もこの後尊号一件で失脚していくわけですが、この世界の新しいプレイヤーがどうなるのか気になります。



本誌は読まないと決めているんですがこの続きが読めるという号の拍子が青沼と源内なのはどういうことなんでしょうか。

カテゴリ: 読書、漫画

tb: --    cm: 0

« モンスターハンター4その20 ガンス装備目標確定  |  すれちがい迷宮30階踏破 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret