07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

風立ちぬ 

ジ・アート・オブ 風立ちぬ (ジブリTHE ARTシリーズ)ジ・アート・オブ 風立ちぬ (ジブリTHE ARTシリーズ)
(2013/07/24)
スタジオジブリ

商品詳細を見る




先程、宮崎駿監督の風立ちぬをバルト9で見てまいりました。
非常によかったです。感動しました。

主役の二郎を演じた庵野監督、青年期に入っての第一声は正直ギョッとしましたが、後半まあこれはこれでという位には。脇が全員巧かったというのもありますが。特に菜穂子の人は本職よりよかった。


そう、菜穂子がいいんですよ。


いち恋愛ものとしてくもいさんのツボにハマりまくって評価甘々。勿論徹底的にハイソな世界の話ではあるんですが、あの時代の美しい価値観みたいなのは好きなんだよねぇ。




関東大震災時の出会い。名も告げず別れ、再会。そして恋に落ちるふたり。

結核、吐血。二郎とともに生きるためにサナトリウムへ。

思慕募り、たまらず二郎の元へ。居候先の上司夫妻を仲人にその日のうちに結婚。

そして訪れる束の間と互いが知っている幸せ。そして・・・


ベタと言えばこれ以上ないくらいベタですが、祝言のシーンで泣きました


こういう障害のある恋愛、もっと言えば世間の良識に背を向けているようなシチュエーションってたまらなく好きなんですよね。普通に考えたら妹の言ってる菜穂子さん可哀想は正論なんだけど、それでも覚悟を決めて2人で愛しあうみたいなシチュエーション、最高です。



あとはあれですな。

男は仕事をするところに価値があるというのがいいね。まあその仕事というのが難しい。



劇中の堀越二郎は間違いなく仕事してますが、私も含めなかなか仕事をしている人って少ない。



人に仕えるのではなく、金に仕えるのではなく、ただただ事に仕える。それが仕事だ。



それはできる人間がとことん羨ましいです。夢を追ってる人間って素晴らしい。



最後、どういう終わり方なのかなと思いましたが割とざっくりしてましたね。それでいいんです。うだうだ説明したってしょうがない。

カテゴリ: DVD・CD・映画

tb: --    cm: 0

« モンハン4その1  |  オリンピックと英語 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。