07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

今回の参議院選挙の本当の争点 

新聞各紙、TVなどを見ても主に
*アベノミクスへの評価
*経済
*憲法
*TPP
*原発

などが挙げられています。



しかし、いずれも争点とするには薄いように思います。もっと言うと、自民党が意図的に薄めていると思います。



私が思う今回の本当の争点は、雇用問題です。


その前に、まず他の争点についてですが


まずTPP、これはおそらくどこがどうやっても同じでしょう。最初から分が悪いということはつとに知られていて、それでも話を進めているということは、アメリカからの抗えない圧力があると見ていい。

となると、どこがやろうと基本的には同じです。共産党なら別かも知れませんが現実的に主体として政権を運営し得る政党の中で抗えそうな政党は無い。よって、政党を選ぶ時の争点にはなり得ない。


憲法も、96条を変えるか、9条を変えるか。
どちらも政治的理念の問題であって、直ぐ様我々の生活に直結するものではありません。constitutionalism(立憲主義)は確かに大事ですが、ちょっと次元が別。


原発も、急進的反原発が殆どconsensusを得られていない以上、それ以外のほぼ全てが穏健的脱原発。後は過渡期に使うか否かという話で、これひとつで100年大丈夫だなんてどこも言ってないわけです。よってこれも争点にはならない。


そこで雇用問題です。

アベノミクスのいわゆる「3本の矢」というのは
*大胆な金融政策
*機動的な財政政策
*民間投資を喚起する成長戦略

の3点を指します。


デフレをマイルドなインフレにする。そうすると投資が促進され、景気が良くなる。末端まで波及するのは時間がかかるが雇用も改善する。後は成長戦略でなんとかする。

…ってな感じなんですが、アメリカなどでは企業業績が好調に転じても雇用は改善されてないんですよね。理由は簡単で、機械でできることはどんどん機械にやらせているから。又は新興国に外注させているから。

確かにマイルドなインフレになればブラック企業は存続しづらくなる。国内では売り手市場になるというのもわかる。ただ、グローバルな観点で見た時にその雇用を丸ごと海外に持っていかれる可能性というのはかなりある。


つまり、このままアベノミクスを続けていくと
*企業業績は改善する
*High Societyと今まで不当に職にありつけてなかったbottom、lowerは助かる。
*その代わり、そこまで大したスキルは持っていないけど比較的高い賃金を貰ってたmiddleとupper middleは壊滅する


で、アベノミクスの3本の矢だけではおそらくこの流れには対応できない。というか、もしかしたら初めからする気がないのかもしれない。


ワタミの一件がその話を端的に伝えてます。
石破幹事長が「山のように苦情が来てる」と言いつつも結局最後まで公認を外さなかったというのは取りも直さずワタミ的労働環境を良しとしているからに他ならず。


つまり、どういうことが起きるかというと
大したスキルを持ち合わせていない人間は、激務薄給に甘んじろということが公然といわれるようになるかもしれないということです。しかも解雇要件緩和して雇用の流動化を進めた上で。


世の中、私も含めてですが換えの効くボンクラが9割5分以上は占めます。そのボンクラにとっては非常に生きづらい世界になるかも知れないです。

かといって、この状況を改善できそうな党がどこかというと…共産党なんて内部留保を切り崩せとしか言ってないし。


…だからナマポ叩くのは止めておけって言うんですよ。
不正受給の問題は確かに腹立たしいかもしれないけど、最終的なセーフティーネットがアレしかないのに自分で自分の命綱に切れ目入れまくってどうするんだと。
もしこの流れになったら労働環境悪化して精神病む人とか多くなりそうだな…


替えの効かない人になるのは無理でも、なんとか効きにくい人になれるようにしましょう、という自衛方法しかないですな。




ちなみに、2ch等では参院選は非拘束名簿方式だから、自民党を応援しつつワタミを落としたいのであれば比例で自民党の他の候補の名前を書けばいいということがまことしやかに言われていますが、それはです。
確かに非拘束名簿方式なので、名簿順に有無を言わさず当選者が決まっていくという方法ではありません。しかし、同時にドント式を採用しているので比例の欄に自民党と書けばそれは勿論ワタミの票になり得ますし、自民党の他候補者の名前を書いてもその人達が他党の候補者をオーバーキルする程得票を得てしまった場合、その個人名で書いた票もワタミに行く可能性があります

物凄く極端な話、自民党と書かれた票が1票も無くかつ、渡邉美樹と書かれた票が著しく少なくても、その他の自民党候補者が他党候補者を大きく圧倒するような大得票を得た場合、ワタミは当選するかもしれないのです



スミマセンどや顔で大嘘ぶっこきました。togetter:ワタミをどうしても当選させたくなかったら…
前回の民主党でも20議席しか取ってないんですね(笑)

うん、やっぱ他の自民党候補者に入れましょう。
それでも大方針は変わらないような気はするけど、ブレーキはかけられます。

カテゴリ: 日記・時事系

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://kumoikarino.blog112.fc2.com/tb.php/602-fde96ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。