09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

第23回参議院議員通常選挙公示と東京選挙区予想 

民主党政権が3年3ヶ月、我々に多大な犠牲を強いて学ばせた、唯一無二と言っていいほどの重大な成果があります。


政権担当能力があるか否かという足切りをクリアしないことには、そもそも国政選挙の選択肢の候補として上がり得ないということです。


政権担当能力の無い党が政権を獲得し、結果どうなったというのは有権者なら誰もが知ってます。






この悪夢、2度と見たくないですからね。


自民党勝つでしょうからあとはそこのデメリットだけ考えてればいい感じです。正直、左翼メディアのほうがそこをよく判ってるんじゃないかという感じで、私の知ってる限りで言うと最近日刊ゲンダイより電波が激しい東京新聞、以下朝日新聞、TBS系の複数の番組などは他所をageても無駄だと思って自民sageしかしてないんですよね。


じゃあどうするんだということには一切答えずにとにかく自民sage。





そりゃ私だってワタミを比例の候補にするようなシバキ主義の素地があるような政党は嫌ですけど、だからといって他所にはとても入れられません。


参議院が非拘束名簿方式だったのが幸いです。比例は投票先(候補者名)決まってますので。





このCM好き。出揃ったら各党のCM比較をやってみたい。




東京選挙区の面子がこちら。定数5に対し立候補予定者が13。

100%当選確実なのが公明党の山口那津男代表。
自民党の丸川珠代、武見敬三の両氏も現職な上に知名度もあり硬い。

おそらく残り2枠を、民主党公認の鈴木寛、みんなの党の桐島ローランド、共産党の吉良佳子、民主党から公認を外された大河原雅子、日本維新の会の小倉淳で争うと予想。

あとはみどりの風、幸福実現党、維新政党・新風、山本太郎ともうひとり検索かけても出てこない泡沫。


この中で誰が一番マトモかって話なんですが

まず桐島ローランドはアカンです。原因はこれ。
おやじの気になるチャンネル:【参院選】桐島ローランド氏「政策のことは分からない。まだ勉強中」

政治素人の客寄せパンダですね、論外。



民主党の鈴木寛はというと



これもアカンでしょ。




大河原雅子は有名ですな。言うに及ばず論外。


残りロクなのいない…しかも前回蓮舫をぶっちぎりでトップ当選させるようなとこだからなー。


新風に捨て票するか、自民にダメ押しするか、それともこの際共産に入れるか。

この面子と流れの中だと共産が1枠持って行きそう。あとはもしかして大河原雅子が持ってくかもなー。民主党の看板外して、脱原発だったら一定層には受けるやもしれんから。

菅直人と有田芳生が党に造反して応援宣言しましたんね。こんなやつ通って欲しくないんですが。

かといって維新も、東京だと泡沫なんだよなあ…新風よりマシですが。

カテゴリ: 日記・時事系

tb: --    cm: --