09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

真・女神転生Ⅳ 1周目ニュートラルルートクリアと感想 

メガテン系と言えば、ナムコからファミコンで出た女神転生2とPSPで出たP3Pしかやったことがなかった私が真・女神転生Ⅳをクリアしてみました。以下その雑感。




真・女神転生IV真・女神転生IV
(2013/05/23)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る
他の「メガテニスト」達と違って「メガテンらしさ」なんてものは存じあげませんし知ったことかですので、普通のRPGと同列の評価しかできませんが割と面白かった方だと思います。


前評判でメガテンは難易度的に厳しいと言われていましたが、そこまで詰まることはありませんでした。一番厳しかったのは最序盤でしたね。特にナパール(まさかあのままフェードアウトするとは)と組んでたあのラグジュアリーズが私にとっては最鬼門でした。あとはナラク結界付近のミノタウロスさんと、東京王ケンジさんと、最後まで倒さなかった蝿王ベルゼブブさんくらいのもんで。
ミノさんは多少困りましたが、ケンジさんくらいまで行くと選択肢も増えてましたので反射させればまあなんとかならないこともなかったので(状態異常防ぐ手段が無かったので割と運頼みでしたが)


難易度も下げられますし、DLCがバランス崩壊でヌルゲーになる位経験値もマッカも稼げるようですのでそこで詰まることはないかと。試してないので正確なところは不明です。


なにより、P3Pなんかより遥かに難易度低いなと思ったのは主人公が死んでもゲームオーバーにならないこと(ここ重要)。あのゲーム(P3P)、友情ダー絆ダーと言ってる割には主人公がやられたら終わりというなんとも理不尽なことになってますが、今回は残された仲魔が一生懸命頑張ってくれますのでそこは問題なしと。


問題無さすぎてむしろ基本ドMと伺ってる既存のファンは大丈夫なのかと思ってしまいますけどね。全体攻撃で1人が吸収や無効だと他が弱点だったとしても即ターン没収なので、属性バラけさせていれば困ることないですし。私がやった限りでは反射不可のメギドラオン系を連発してきたのは先ほど言ったベルゼさんくらいでしたし。
弱点付けば攻撃回数増えますし、ボスも大抵何某かの弱点抱えてますので私のように主人公速そこそこの残り全部魔振りの場合3属性の攻撃方法網羅しておけば大体楽勝です。

特にwikiとか見てませんけど、ちなみにクリアした時点でのスキル構成はメシアライザー、ラスタキャンディ、サマリカーム、マハブフーラ、真理の雷、トリスアギオン、メギドラオン、マハラカーンという感じ。pgrされたらどうしましょう…


ストーリーの導入も悪くなかったと思います。
最初のPVからファンタジー世界だと思って始めると、東のミカド国という名前からして似非東洋みたいな感じと、主人公の故郷のキチジョージ村という名前。
イザボーが読んでるベルばら、パン屋の店主が読んでる太宰など、てっきりここが元東京なのかなと思うと差に非ず。物語も早々にナラク地下に潜ると現実的な作業現場。そして自分たちが降りてきた塔を見てユーザーが把握する「ここは東京、スカイツリーダッタンダー」というこの流れはよかった。


私自身が東京人なので地名や名所が細かく出る時点でニヤニヤしっぱなしで、そこはかなりのプラスポイントでした。
ただ…東京のマップの見づらいこと見づらいこと。このゲーム一番の減点ポイントと言っていいレベル。ここはもうちょっとなんとかならなかったのかな。やれ壁があります、線路があって通れません、高速がどこに続いてるんですかみたいなのが延々とあって相当の時間往生しました。

あと、フィールドがエリアで区切られていますが逆に土地勘があるが故に迷うことも。
例えば、東京ドームのような水道橋神田方面に行きたいと思ったら普通は中央線で新宿の東って思いますよね。ところが実際は霞ヶ関の(かなり)北というように、常識が邪魔をすることも少なからずありました。かといって土地勘ゼロの人が迷わないかといえばおそらくもっと迷ったでしょうから…


新宿西口や東口、池袋や渋谷など、かなりの再現度でこれもニヤニヤできるところ。
結構広かったですがMAPで詰まったところはほぼ無し。渋谷で最初地下街への行き方がわからず道玄坂うろうろすることになりましたがこれは完全に私のせい。


仲魔スカウトが楽しいのと、悪魔の館での合成が楽なのは嬉しい。
メガテン的常識や配合の基礎を全く知らなくても、単純な合成にマッカが必要ないので片っ端からスカウトしていって、未確認の悪魔だけ表示にチェックを入れて配合しまくれば全書の大部分は埋まるという仕組みに。

オススメ3選、10選も出るし、使いたい悪魔指定と除外したい悪魔指定が同時にでき、更に詳細検索で作りたい種族、作りたい悪魔、欲しいスキル、強くしたい属性など事細かに指定ができるという至れり尽くせりな状態。比較対象がP3Pだけですがアレよりは遥かに使い勝手がいい。


最後まで特殊合体や悪魔全書からの召喚を自由にできるほどの潤沢なマッカは持ちえませんでしたが、持たなくてもなんとかなりました。大体マッカそれ以外の用途では殆ど使いませんでしたしね。装備も武器を何度か変えただけで、防具は初期DLCの白銀サーコートがカッコ良かったので最後までそれで通しました。あとは100マッカ使って回復するのと銀座でブラックカード手に入れる時の10万マッカくらいでしょうか。

中盤以降はスキルのスカウトボーナスでかなり稼げるのでそれで充分。それまではファンド使ってましたが途中からかったるくなりました。序盤では貴重な現金獲得手段だったんですけどね。


どのアプリを取得するかというのも楽しい。
私はとりあえず全書を埋めていくつもりだったので枠が必要だなと思い最優先でストック容量拡張を9まで取得。
正直序盤ではここまで要りませんでしたが、比較的低ポイントで取れるので取っても損は無いかも。あと序盤から必須なのがDリンガル、ダンジョンでの持久戦に必須なマイMPリカバリ、仲魔がチャクラ系を覚えるまでは欲しいパーティMPリカバリなどは欲しいところ。


あと、パーティがどれだけ強くてもエネミーシンボルが寄ってきますし、少なくとも私の場合エストマソードは
エンディング直前にならないと覚えませんでしたので、必然的に戦闘回数が増えるわけです。特に東京MAPの場合回避方法もありませんので、正直ストレスが溜まります。
ストレス軽減したいなら戦闘オートプラグインは是非。ただ「ガンガンいこうぜ」と同義なのでMP回復系アプリorスキルは必須。


ドラクエ用語が出たところでもうひとつ。

トラマナ無いのこのゲーム?

この問い、ずーっとゲーム中抱えてました。
おかげで終盤でメシアライザー覚えるまでは主人公の貴重な1スキル枠がボズムディで埋まることに。仲魔に覚えさせてもよかったようにも思いますが。ほんとトヘロスとトラマナ欲しかったです。エストマソードも東京MAPだと雲散霧消しますが都市内だとエネミーシンボルに剣当てないと消失しない。それこそP3Pみたいにレベル差があったらエネミー側が逃げまどう仕様でよかったんじゃないかと思ってます。


ルート選択は自然に選んでいたらニュートラルになりました。
最初はカオス寄りだったんですが、ワルターと一緒にこの世界を変えようぜ!的な流れ、ここまではよかった。だけどいざ選んでみたらいきなりユリコから聞かされる話が割とシビアで話が違う展開に。最後にゃ付いていけないってことで一気にロウ寄りに舵を切ったらニュートラルになりました。

この選択は、やったことないですがおそらくシリーズファンにはお馴染みなんでしょう。
超新自由主義VS封建主義という両極端。その極端は正しくないんだよ、正解を探しましょうというコンセプト自体は非常に好感が持てるところです。


ラストカット、え?マサカドさんそのまんまなの!?とは思いましたけど。グッドエンドなんだろうけどグッドエンド臭が微塵もしない(笑)


キャラクターも良かったんじゃないでしょうか。
立ってるキャラとそれ以外との差が顕著だった気はしますが、全体的に見るとバランスは取れている印象。
イザボーさんマジ棒。紅一点という言葉の為だけに女性であっただけで、男性でも何ら問題はなかったくらい空気。終わって誰がヒロインだったかと言えば、バロウズちゃんとノゾミさんという(笑)

カガさんはいいキャラだったけど、退場一瞬だったなー。あれは勿体無かった。逆に何かしら酷い目に遭いそうだったウーゴは、体制が変わっても残り続けニュートラルではしれっと最後までいる。


キャストには文句無し。
メインの3人は(以下敬称略)神谷浩史、小西克幸、沢城みゆきという文句の付けようの無い若手(でもないか?)、脇を大塚芳忠、中井和哉、森田順平、山路和弘、秋元羊介などの重厚なオジサマ面子や、甲斐田裕子、田中敦子のようなオネーサマ、チョーさんや多田野曜平のような怪演組が支えるという死角なしの布陣。

この濃い面子の中だと井上麻里奈の浮きっぷりが凄いですが、女子高生という役柄からして浮くのが仕事だったはず。だから良し。この中でも特に芳忠さんは群を抜いて凄かったですが(特にヤマトが壊される時の情けない声のアドリブ)、この人と渡り合えるのは日本に何人もいませんのでこの人基準で考えるのは阿呆。


音楽は…よく言えばBGMに徹したかなという感じ。ヴィヴィッドな曲はほぼ皆無だった印象。
悪くはなかったですが、特筆すべきことがあるわけでもなし。



こんなところでしょうか。
全体的には良かったと思います。割とオススメです
少なくともP3Pでの砂を噛むような自動生成ダンジョンでひたすら戦闘の繰り返しみたいな不毛なことにはなっていません。普通のRPGです。それだけでもかなり好意的評価。


ロウエンド、カオスエンド、ニュートラルエンド、バッドエンドの4周あるそうなので、とりあえずそこまではやってみたいと思います。
一応バッドエンドは見たんですけど、サウンドノベルのバッドエンド並に唐突でシュールすぎて何のことやら…
バロウズちゃんも「安易な自殺願望」とか喝破できるくらいなら予めサーチして止めてくれと(笑)



2周目転生リスタート開始直後のプレイログ

累計ゲーム時間54時間20分
ゲーム内総収入 1044021マッカ
エンカウント回数 1818回
先制奪取回数 570回
逃走成功回数 37回
逃走失敗回数 2回
累計与ダメージ 1829246
累計受ダメージ 246475
悪魔と会話した回数 954回
スカウト成功回数 260回
会話で失敗した回数 425回
会話で貢いだマッカの数 21952マッカ
会話で貢いだアイテムの個数 298個
会話で貰ったアイテムの個数 280個
会話でのバロウズアプリ発動回数 592回
ファンド連続成功記録 5回
ファンド最高獲得金額 2283マッカ
累計移動距離 146km
遺物発掘回数 404回
武器を振った回数 1290回
エネミーシンボルに攻撃がヒットした回数 606回
トラップホールにかかった回数 23回
ダメージゾーンでのダメージ累計 20508
宝箱を開けた回数 103回
死体を漁った回数 36回
結界に侵入した回数 15回
施設に入った回数 233回
マップ上で立っていた回数 1時間25分
買い物代金累計 50190マッカ
売却代金累計 423387マッカ
セーブ回数 171回
ターミナル転送回数 87回
チャレンジクエストのクリア数 97回
チャレンジクエストでの入手金額 62570マッカ
チャレンジクエストでの入手アイテム数 146個
邪教の館アプリで過ごした時間 6時間7分
悪魔合体した回数 271回
合体エラーが起きた回数 7回
悪魔全書に使ったマッカの総額 744574マッカ 

カテゴリ: ゲーム総合

tb: --    cm: 0

« ウェイトコントロールその18  |  真女神転生その8 もしかしてもうすぐクリア? »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret