09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

中選挙区制の弊害? 




以下、倉山満さんの発言を引用。


---------------

小選挙区制がポピュリズムをウンダンダーみたいな13回中3回くらいの選挙を見ただけで言ってる浅はかな政治評論家が多いんですが、その中で一番愚かなのが中選挙区制に戻せ論ですね。

これは「算数できますか貴方?」的なことを言わなければならない議論です。

というのはどういうことかと言うと、実は選挙制度って衆議院よりも参議院のほうが問題なんですよ。これはあの中選挙区制なら少数与党で酷い目に遭わされていました(断言)。で、中選挙区制が残っているのが実は参議院なんですね。

で、中選挙区の中でも最悪なのが定数2。

中選挙区制っていうのは正確に言うと大選挙区単記制って言うんですけど、複数の候補が当選するのに選挙民は一人の名前しか書けない。

で、宮城県が参議院だとそうなんですけど実は岡崎トミ子さんを落とすことは自民党はできない。なぜかというと定数2のところに自民党は第一党として愛知(治郎)さんという現職の方がいるんですね。で、第二党として民主党から岡崎さんという有力な現職の方がいる。ということは実は第二勢力として有力なんで岡崎さんは34%の支持を固めたら絶対に落ちることはない。算数できればわかる話ですよね?66%の人が岡崎落ちろと思っても34%の支持で絶対に当選するんです。で、本当のことを言うともっと少なくてもいいんです

67%の票を取って自民党が巧く綺麗に票を割って2人当選させるみたいなことをやらなければいけない。票割りっていう政治工作が必要になるのが中選挙区制なんですよ。小沢一郎さんなんていうのは自民党幹事長の時にこれの名人と言われた。そういうことが求められる。民主主義とか国民の意志とかと全く関係ない政治屋としての力量が優れた人間が出世する制度でもあるんですね。

で、何よりも岡崎トミ子さんを自民党が落としたいと思ってても結局67%の票を取って2人当選させるというような無茶をやらなければいけない。じゃあ岡崎さんとか民主党を応援する34%の票を分断させるようなことをやらなければいけないわけですね。じゃあ維新の会さん立ってください、岡崎さんと似たような主張を言ってください。じゃあその後(その維新の会の候補が)当選しました、それでいいんですか、みたいな。そういうバカな制度が中選挙区制なんですね。

----------------------
割と目からウロコ。
確かにこういう弊害もあるわけですね。「もっと少なくてもいいんです」は投票率の問題で、60%の投票率だと20%でいいわけか。この売国奴を落としきれない制度というのは単記移譲式完全連記制で問題ないんじゃないかと単純に思うわけですが。

中選挙区制だと保守革新分かれるから憲法改正はまずできませんね。小選挙区制なら一点突破でコトは済みますが。


ただ…上記の単記移譲式や完全連記制であれば中選挙区制のほうがいい気がします。
理由としては選択肢の少なさ。同じ支持政党でもこの人はちょっと…主張が気に食わないとか世襲が嫌だとかよく知らないという人もいるわけです。その場合は党に入れたと思ってその人に入れるか、比例以外は棄権するしかなくなるわけです。小選挙区制のメリットで「選挙民が候補者の人物,識見,政見をよく知って投票する」とよく言われていますがこれは逆で、選択肢が限られるからこそ、人物識見政見はどうでもよくなり、風と知名度で決まるところが大になるわけです。

これを思うと中選挙区制は一概に否定できません。

カテゴリ: 日記・時事系

tb: --    cm: 0

« ガンダムオンライン13年2月前半~支援ばっかですねわかります  |  ドラゴンクエストⅦ3DS版発売&ドラゴンクエストⅩWiiU版βテスト詳細告示日時発表 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret