09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

NEWスーパーマリオブラザーズ2感想 

安定の2Dマリオです。
基本的には前作NEWスーパーマリオブラザーズを踏襲したものです。

615Xd+DjpiL.jpg
変わらない、変わっちゃいけない。云わば大いなるマンネリ。

その上で大きく変わっている点はまずひとつがしっぽマリオ。
前作がファイアマリオ止まりだったのに今回はFC3のしっぽマリオで空が飛べる。
懐かしのPゲージも復活。

もうひとつは今回の目玉「目指せトータル100万枚」のお題目の通りコインを集めること。

最近のシリーズ(N64以降?)から此の方存在感が希薄になっていたコインを主役に据え、コインを取るのってやっぱり純粋に楽しいんだということを思い起こさせてくれた非常にいいアイディアだと思います。

プレイヤーは累計枚数と、各面毎の枚数を稼ぐ為に東方PROJECTシリーズのgrazeのように自然とよりチャレンジャブルで無駄のないアクションをするように仕向けられます。

前作が各面3枚の大コインをコンプしたところで終了だったのに対し各面のベストスコアが記録されるようになり、やりこみたい人にとってはソフトの寿命をぐっと延ばした形になっています。


難易度は後半になるとそこそこ高めの面も多かったです。
しかし、後述の通り残機には全く苦労しないのと、ひとつの面である程度連続でやられると任意で穴や溶岩に落ちない限り基本無敵でPゲージも一瞬で溜まるしろしっぽマリオになれるのでクリアに困ることはないかと。



ここからは疑問点を。
上記の変更点を以ってしてもなお漂うマンネリ感。
逆に「動かしたら」2Dマリオでなくなるようにも思いますので難しいんですが。めしばな刑事タチバナがマルちゃんのベストセラー3食入り焼きそばを評して「この高みまで来ると『動かない』ことが逆に信頼へと繋がっている」と言ってましたがそんな感じかなと。

あと私は(実質2と言われている)wiiのNEWスーパーマリオブラザーズwiiをプレイしていないので、あれをプレイした人にとってはまた別の印象になるかもしれません。私はなんだかんだで2006年発売の1から大分時間も空いてましたし、空飛ぶNEWマリオも初めてでしたので。


2点目。
各面のコイン枚数のやりこみですが、結局最初に現れるコインブロックが出るか否か、もう1つはスロットで50枚をコンスタントに出せるかというこの2点に懸かっているというかこれ前提なのでモチベの維持的にどうなのかというのがあります。


3点目。
誰もが感じている点だと思いますがコインのハイパーインフレに伴って1UPキノコの存在が塵芥(ちりあくた)以下になっていることがなんつうか物悲しいというか(笑)あちらを取ればこちらが立たずなんでしょうか。
幅広い層が遊ぶゲームで絶対ゲームオーバーにならないというのはいいことなんでしょうけど、道中の赤コイン8枚も、ノーマルモードでは全くの無意味ですね。コインラッシュモードでは意味があるのですが。


4点目。
100万枚への道ですが、私は現在40万枚です。
クリアをした時点では確か3万枚弱でした。そこそこ寄り道もしてつまずくべきところでしっかりつまずいてこれでした。100万枚を達成しようとするとその大部分はコインラッシュモードで稼がなくてはならない。

で、コインを集めることに特化したコインラッシュモード、これ自体も面白いです。
ですがこれもちょいと飽きるんですよね…なぜ飽きるかと言うとコースが3つあって全6面が1・2、3・4、5・6と割り振られていて、このうちランダムで3面をプレイします。コインに貴賎は無くどのコースで出した記録でもハイスコアになりますし、他の人とのすれ違い通信でもそれで競い合うわけです。

コインラッシュモードにも2種類あって、自分でコースを選んでベストスコアを目指すモードとすれ違いした人と同じ面をプレイしてその人の記録を抜くというもの。
で、実際は前者はほとんどやらないわけです。なぜかというとまず他の人と記録を競ったほうが面白いから。勝つとwinコインが溜まるから。そして自分の獲得したコインだけではなく対戦相手が記録したコインまで自分の累計に加算されるから。

なのですれ違いをやるわけですが、好き好んで難しくてコインが稼ぎにくい後半の面をチョイスする人がいないせいですれ違う人すれ違う人皆コース1の同じ面をプレイしているのでやってて飽きます。後半の面がリスクが高いけどよりハイスコアが出しやすいというなら別なんですけどどうもそういう風にはなっていないので。
これならコース制をやめて完全ランダムでも良かったと思うんですがそれだとそうかビギナーは敬遠するのか…

100万枚自体はやろうと思えばすごく簡単です。
すれ違いしたMiiにもブックマークがあるので、ひとり上限の3万枚を稼いだ人の記録を残しておけば自分は全く稼がなくてもとにかく全3面をクリアすれば3万枚が手に入りますので、数時間で100万枚達成はやろうと思えば可能です、完全に作業ですが。

5点目。
これは明確に不備だと思いますが、なぜコインを集めるかのゲーム内での理由付けが為されてない。
クッパ一味にキノコ王国を壊されたからその復興費用とかなんとかいくらでも理由付けはできたと思うんですが。

282536.jpg


でも結論としては作りのしっかりしてる凄く面白いゲームです。やっぱり面白いですよ2Dマリオ(大事なことなので2回(ry

コインを集める爽快感、これだけで買う価値ありだと私は思います。
ゴールドマリオ楽しいですもの。やったことのない方は是非やってみてください。

カテゴリ: ゲーム総合

tb: --    cm: --