07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

旅行の移動手段 

きくち正太著「きりきり亭主人」1巻第六話 きりきり亭イタリア紀行其之一 少しは考えてくれよ航空会社!より抜粋

ぶ:随筆家 吉里野(きつりの)ぶら雲
ろ:秘書 囲炉裏端もも(通称ろりもも)
編:同行編集者

(モノローグ)東京JAPAN成田国際空港を飛び立ったのはPM12:40 未だ見ぬ異国の地へと高鳴る胸の鼓動もうまく抑え切れないままそれは ええもう夢のフライトだったわ
世の中は便利になったものよ ノンストップの直通便で降り立ったのはその日のPM6:10 まだまだ陽も高いミラノ国際空港 ええもう本当にあっ!!という間 目に飛び込んでくる景色 肌に感じる空気 どれもこれもぴりぴり音がしそうなほど新鮮で
(中略)
ろ:先生様!先生様着きましたわ!!ここがイタリア!!憧れのミラノですのよ!!

(あしたのジョーラストカットオマージュでスーツケースに座り灰になるぶら雲がページ見開きで)

(中略)ぶ:(ろりももを足蹴にしながら)冒頭のモノローグ、声の主はてめえかああ!?くら! 夢のフライト!?あっという間!?寝ぼけたことほざいてんじゃねぇ!

ろ:寝ぼけたことって、ももは事実を申し上げたまでで成田を発ったのは先程昼の12:40。着いたのはほらほらまだまだ陽も高い6:00過ぎ

ぶ:時差はどうした時差は(と、ろりももを足蹴)

ろ:それでも飛行機に乗ってる時間はおよそ13時間。たった半日で日本からイタリアまでひとっとび

編:ありがとう人類 ありがとう文明(と喜色)

ぶ:はああ!?? 旅行会社のパンフレット 海外旅行のガイドブックいろんなメディア だーれもひとっことも触れやがらねぇからあたいが言ってやらあ!!! 海外旅行の飛行機ってなァガマン大会か!!!
第一にあの座席の狭いこと!!!窮屈なこと!!!あれだったら新幹線どころか人口密度が少ない分地方のローカル線のほうがナンボかマシだ!!!足も満足に組めないはクッションはめちゃめちゃへたってるわ隣の親父のいびきは直撃だわ 何が文明だ!!!飛行機の設計者!!てめぇには人間工学って言葉がねぇのか!!!

ろ:ももはそれなりに快適でしたが

ぶ:(またもや足蹴)てめぇの体積はあたいの十分の一だろうが。だったらどのサイズだってキングサイズだ
お次は機内食!!!愛想も何もない客室乗務員が上から目線で「ジャパニーズ?イタリアン?」つうから「ジャパニーズ」んで出されたのがこれだ。ママゴトみたいな食器に確かにメシは乗ってた。しかしだ!!!なんでそこにパンがあんだよパンが!!!ジャパニーズだろうがよ!!! 味がどーのこーのはもはや言いませんが

ろ:その割には三食きっちりすってんてんに食べましたが

ぶ:ねぇんだよ他に食うもんがァ!!食うしかねぇだろうよ食うしか!!例えどんなに不本意なメシだろーがよぉ!!! んでよぉ、酒は呑み放題っつうんだがよぉ でもセルフなんだこれがよぉ。それも機内の一番うしろまで自分でよぉ!!酒っつってもワインなんだけどよぉいつ行っても品切れなんだよこれが 客室乗務員にお願いしても愛想ねぇしよ!
飛行機の利用客おそらくすべての方の意見です「ウィウォント機内販売」。ぜんっぜん只のサービスじゃなくていいの!!有料で構わないのよ!!もっともっと選択肢が欲しいのよあたいは!
そんでお次!!12時間も機内に閉じ込められてると当然あるわけだ。人間の営みとしてやむをえない生理現象っていうやつが。

ろ:生理現象?

ぶ:くそにしょんべん! 「あのお…ちょっとすいませんが…」つっても通路側のオヤジが起きやがらねぇし。ちょいと失礼いたしますよ(と隣席の客の足を跨ぐ)ど狭い座席間隔どうしてもこういう態勢になるわな。(中略)ほんでもってトイレはいつ行っても満員だし。みーんなストレッチしてるし。
とにもかくにも肉体的にも精神的にも不健康極まりない閉鎖的空間で12時間強!!!なんで今まで暴動が起きなかったのか不思議なくらいです!!!

ろ:まあまあ先生、お気持ちはわかりますが

編:今回は小夜さんのおかげで飛行機代タダなんだし

ぶ:問題をすり替えんじゃないよ。安かろう悪かろうを是とする美意識は持ちあわせちゃいないんだよこちとら!!!

編:それだったらもう最初からエコノミーじゃなくてビジネスかファーストクラスに乗るしか

ぶ:もちろん次からは借金してでもそうする!!!しかしそれを言っちゃ元も子もなし!!あたいが言いたいのは乗り物の文化!!もっとここらで成熟してもいいんじゃないのって話。エコノミーにビジネスにファーストクラス 金子の高によって格差が生じるのはそれはやむをえん!!しかしエコノミークラスとは普通席!!いわば庶民のための座席!!今時の庶民にここまでガマンを強いるなんざあ 航空会社という巨大資本の未成熟な貴族的特権意識の発露に他ならん!!!

引用ここまで

「おせん」といい「きりきり亭のぶら雲先生」といい、きくち先生の美意識には感じ入ることが多々あるのですが、どーもこれだけは思いっきり私怨で描いているようにしか思えない(笑)。というかぶら雲先生じゃなくて中の人が顔を出してますしね。この言い方。

おせんのあとがきで「身銭をどれだけ切れるか、それも行(ぎょう)です」なんて仰ってる先生と同一人物とは思えないご発言。

エコノミークラスというのは、物言う貨物に対して多少上等な扱いでお客様としてやるよという感じなんだろうなーというのが私の認識なのでそもそも腹を立てるという感情が沸きません。
なもんで調べてみました。8月の半ば過ぎのフライト、東京→ミラノ間

ANAで調べてみましたところの結果がこちら

jymira1.jpg

最安値が18万3000円から。このスーパーエコ割とはなんぞやというと

「 スーパーエコ割 」は、日本発が月曜日~土曜日まで、現地発が日曜日~金曜日までの利用に限定され、更に現地で土曜日の夜を滞在する必要があります(月曜日出発で、帰国が同じ週の金曜日発といった旅程は不可、日曜日以降に帰国便に搭乗する必要があります)。
※最低滞在日数が設定されている路線もあります

ビジネス出張には厳しいですが、週末を含めて海外旅行に出かける旅行者にとっては、メリットが大きい運賃です。アジアであれば金曜日に出発して日曜日や月曜日に帰国するパターンでの利用が可能です。

という条件付きの超格安チケット。

予約変更有りの場合だと最安値で48万2600円から。座席はエコノミー。このへんがエコノミーの正規料金でしょうか。

ビジネス最安値が夏休み特別のビジ割で45万2600円。21日前までの予約のビジネスで541000円。既に最安値の倍ですねぇ。

bijifa.jpg

ビジネス一覧がこのへん。まあこのくらいはしますよね…

 

じゃあ、ファーストはどのくらいかというと…

 

fasmirasa.jpg

にひゃくはちじゅうななまんにせんごひゃくえん・・・

この値段設定見て実感しましたわ。ファーストクラス→お客様 ビジネスクラス→客 エコノミークラス→豚ですね…うん、俺豚でいいわ!!!

でも確かに快適なんですよね。ビジネスクラスには頻繁に乗ってましたし、ファーストも何回か乗ったことがありますがあれぞ人間の乗る席といった感じ。身銭切るとなると急に目が覚めますが(笑)私は身銭を切って海外に行ったことは数えるほどしかありませんし、最近はとんとご無沙汰です。

国内でも移動手段にはあまり拘らない人間ですし、安ければ安い程いいという感じです。安全さえ確保されていればね…高速バス(乗合バス)はやはり安いですし、体はしんどいですが東京からですと余程距離を離れない限りは夜新辺りから乗って、寝て(そうそう寝れませんが)起きたら朝現地というお手頃さがいい。これに比べりゃ飛行機のエコノミークラスなんざ天国よ、です。

ビジネスパックなるものを知ったのはつい最近。新幹線より遥かに安い値段で往復プラス宿泊できると聞いて、食指がのびております。

高速バスでトラウマになっているのは、友達と一緒に行った福岡からの帰り。21時発車のハズが待てど暮らせど来ない。結局出発が23時過ぎで、しかも路面が凍結してるとかで山口を過ぎるくらいまでずううっと高速乗らずに一般道を走って、それが祟ったせいで定刻13時間なので本来朝10時くらいには着いているハズが到着したのが16時過ぎという超絶苦行。これ友達といたからまだ笑い話にできるけど一人じゃやってらんねぇです。

で、その福岡に仮に9月の3連休頃行くとすると

biji1dasd.jpg

え・・・安くない?これ本当に込み込みだよねぇと言いたくなる値段。

bijidahs.jpg

どうも本当に込み込みらしい。新幹線だと普通に往復でこれ以上かかりそうなんですがどうしてこういう値段になるのか割と謎。神戸あたりで調べてもだいたい同じ値段だったので、これは普通に選択肢に入りそう。

9月の3連休っていつだっけ・・・(検索中)・・・9月15、16、17日か。

計画練れるなら早めに練っておくか。

カテゴリ: 日記・時事系

tb: --    cm: 0

« この夏の目標  |  モバマス日記2012.7前半 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。