07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

反関ヶ原 

hanseki.jpg

工藤章興著「反関が原」1~5読了。

 

某架空戦記動画で評価が高かったのでまとめ買い。
関が原からのIF戦記ですが、読み応えがあり非常に楽しかったです。かなりの高評価。

その上でいくつか指摘を。
ひとつ。「この展開には根拠がちゃんとあるんだよ」という事を言いたいのか史実のエピソードを要所要所に挟むんですがそれが若干言い訳がましくて迂遠。tipsを強制的に本文に挟んでいるようで文章のテンポが悪くなってる。

ふたつ。キーマンになるのが直江兼続・伊達政宗・真田昌幸・黒田官兵衛なんですがちょっと特に前2人の戦記補正強すぎ。これはしょうがないところもありますが。

みっつ。終盤の家康陣営アホすぎ。あそこまでこじれにこじれておいて、しかも関が原で大量に家康陣営の武将も死んでるのに豊臣家恩顧の大名を捨て石に使うとか、そんな意味もないギャンブルはしないぜと。無理にでも滅亡エンド描きたかったんですねわかります。あと、本多正信が最後に秀忠見捨てるのもよくわからん。

よっつ。数年の短期決戦なので結局秀頼は出てきません。なので結局最後は島左近が三成と清正を和睦させ清正が正則との間を取り持ってそれが雪崩うつ形となり友情パワーで勝利するわけです。
架空戦記としては十分ありだけど、関ヶ原は秀吉子飼いの武将が半数以上家康に付き、その内側で本音と建前がぐるぐる回ってるところが一番面白いところ。三成が「義を重んじる」というのが滑稽なのも一緒で、お前の頭の中にしか存在してない義なんだよと。そんなに義を重んじたいのなら秀吉が信孝を弑して信雄を配下にした時に止めとけと。その時にこの上ない下克上やっておいて、今更実力主義排除で家康は逆賊だ、は通らねーよというのが根本にあるわけでして。
なので、そこに触れないように描くとその薄っぺらい正義を全肯定したまま描くのとイコールになるわけです。もうちょっと物語年数をロングスパンで書いて秀頼を出せば、豊臣家の正義とは何ぞやというところまで深く突っ込めたんじゃないかという気がします。ハードル高すぎかな?

 

娯楽作品としては申し分の無い出来。いい買い物。

カテゴリ: 読書、漫画

tb: --    cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。