FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

鷲宮神社 2010年元旦 

10011302DSC02449.JPG

2010年、元旦の夕方に鷲宮神社に行ってきました。

 

10011302DSC02447.JPG

東武線鷲宮駅を降りるとこのような垂れ幕が。「鷲宮町」はもうすぐ無くなってしまうんですね。

10011302DSC02448.JPG

寒風吹きすさぶ中でも結構人はいました。しかし・・・

10011302DSC02450.JPG

甘かったです。なんという長蛇の列。時刻は4時頃、もうピークは過ぎたと思ったのに・・・

10011302DSC02451.JPG

地元の商工会の人の持っていた看板。今年も頑張ってますね。

10011302DSC02452.JPG

鷲宮物語。町おこしって・・・

10011302DSC02455.JPG

そこから並ぶこと約1時間以上。

10011302DSC02457.JPG

10011302DSC02458.JPG

左右の屋台の誘惑にところどころ負けつつw

10011302DSC02462.JPG

10011302DSC02463.JPG

かなり日も暮れかかってきたところでようやく参拝。色々なことをお願いしました・・・

10011302DSC02464.JPG

ついでにおみくじも引いてみる。中吉、いい感じです。

そして恒例の絵馬

10011302DSC02469.JPG

出落ちというか、誰がうまいこと言えとwww

10011302DSC02466.JPG

今期も結構レギュラーあるみたいで、おめでとうございます。

10011302DSC02471.JPG

可愛い。

10011302DSC02473.JPG

ラミカ風・・・?

10011302DSC02481.JPG

10011302DSC02480.JPG

一番好きだったのはこれです。本業のかほりがw

 

10011302DSC02483.JPG

ツンデレソース等、グッズは漏れなく売り切れでした。残念。

10011302DSC02482.JPG

鎮座ましますレリーフも顕在。

 

以下、2010年1月5日の毎日.jpより引用。

アニメ「らき☆すた」のヒロインの実家のモデルとして、ファンから“聖地”として話題となっている鷲宮神社(埼玉県鷲宮町)で、10年の三が日の初詣で参拝客数が過去最高の45万人だったことが5日、明らかになった。同神社によると、アニメ放送前の5倍になった。

鷲宮神社は、由緒は神代にさかのぼると伝えられ、「吾妻鏡」にもその名が記される「関東最古の大社」。ヒロインの柊姉妹が住む「鷹宮神社」のモデルとして、07年にアニメが放送されてから、ファンが続々と参拝に訪れ、イラストを描いた絵馬などを奉納するようになり、“聖地巡礼”と呼ばれた。同町商工会は、原作の出版元「角川書店」の協力を取り付けて、グッズを販売したり、イベントを開催するなど町おこしに活用し、周辺の幸手市でも同作品のグッズの発売などの取り組みが話題となった。

参拝客は、07年は9万人だったが、08年が30万人、09年が42万人と増加の一途で、同町商工会は「“聖地巡礼”の報道で神社が『関東最古の大社』として紹介され、多くの人の興味を引いている」と話している。

「らき☆すた」は、美水かがみさんが、オタク女子高生の泉こなたと仲間たちの学園生活を描いた4コママンガが原作で、アニメは、さまざまなマンガのパロディーやマニアックなせりふ、奇抜な演出などがネットを中心に話題となり、DVDや関連グッズも人気となった。【河村成浩】

これで埼玉県では、約200万人で全国8~9位の大宮氷川神社に続く第2位に躍り出たわけです。

この急激な参拝者数の増加は、単にらきすたファンが詣でただけではなく、この記事にもあるようにそれがきっかけで元から価値ある神社が脚光を浴びるようになった、と考えるのが自然だと思います。いくらコミケ帰りの客がいるからといっても3日目のコミケ参加者数は確か例年15万人前後。商工会の仕掛けがいくら上手くてもそれだけではないはず。

来年がどうなるのか非常に興味があります。一応去年はOVA、年末には武道館ライブのDVDも発売されましたが、一応区切りは付いたはず。アニメは旬のものですから、これからどうなっていくのか、どうしていくのかというのは気になるところです。

「なんとなく」関東のオタクは正月に鷲宮神社へ参拝!というのが恒例行事になれば、これほど強いものはありませんね。これでも屋台等で3千円くらいは落としてますから、経済効果といったら凄いんでしょうね。

カテゴリ: ロケ地探訪・聖地巡礼

tb: --    cm: 0

« コミックマーケット77 2日目  |  博多通りもん »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret