07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

CD・・・売れないですね。 

恋路まであと1kmでは届かない:アニソンがアニメ人気"だけ"で売れるだなんて、とんでもないを読んで。

以前は中高生の頃はCDを凄まじい勢いで買っていました。
特に、高校生の頃は剣道部だったのに昼ご飯代を等価交換でグッズ代につぎ込んでいたので(放課後いつも死にそうになってましたがw。まあそれもいい思い出)。

買わなくなったのは雛見沢大災害(私命名、下宿が隣から火が出て全焼w)の後ですね。CDに限らずグッズ全般に全く思い入れがなくなりました。ゲームも限定版マニアだったのが「やれればいい」。アニメも「見れればいい」。CDも「聞ければいい」。


きっかけはさておき、多分こんな感じの方は他にもたくさんいらっしゃることだと思います。
ただ、そこで私は踏みとどまりました。なぜかといえばこの考えを突き詰めると、どう考えても違法な方向にしかコトが進まないんですよね。P2P的なアレです。
一時期のニコニコの無法地帯ぶりには散々お世話になりましたが、未だその手のモノには手を出しておりません
(正確には数年前やってみようと思ったんですがどうあがいてもうちの環境じゃポートの開放ができなかったというのが原因なんですがw)。

せいぜいが友達と貸し借りする程度で。これも違法っちゃ違法なんでしょうが。

 

>CDでなくてもいいのか、それともまだCDを売りたいのか
>しかしながら、J-POPにおけるCD離れは既に超加速に突入してしまっていて、建設的に考えればデータで生き残る術を考えていく方が正しいのかもしれません。現に「着うた」という形で新たなマーケティングは一つの成功に近づいていて、その意味においては手をこまねいていたわけではなく、次代を見据えた取り組みは着々と進行しています。

>それがレコード会社の本意であるかどうかは別として、これまでJ-POPのCDを購入していた層の大半がそれを求めているのであれば、市場を活況させる義務すら生じてきます。
>そう考えるとアニメのCDというのは時代を逆行しているようにも思えてきます。

 

着うたフルですか?使ったことがないのでよくわかっていないんですが、データ販売っていうのは危険な方向にあると思います。自分のモノにするという感覚に乏しく、どうせDRM(Digital Rights Management、デジタル著作権管理)でガッチガチに縛ってあるから、機種変更すれば全部パー。それじゃP2Pでいいじゃんってことになりゃしませんかね?

多分、PC方面のそれを熟知しているアニメ関連のCDを売っている方は、そこら辺の「自分のモノにする感」が一度途切れるとあいつら金出さなくなるっていうのが判ってるからデータ販売に行かないのではないのでしょうか?

アニメで上手いな~と思ったのはあの『涼宮ハルヒの憂鬱』のLive Aliveの回。「God knows...」と「Lost my music」をドーンと流してその直後にCM!好評発売中!!そりゃ朝買いに行きますよ。ええ、私も買ったクチです。


ユーザーに考える暇を与えず有無を言わせぬほど欲しいと思わせるような上手い宣伝をするか。
コレクションしたい!と思う願望をくすぐるか。
それ以上の付加価値を付けるか。
この3つのうちのどれかですね。


この「上手い宣伝」は滅多にないんでしょうが、『けいおん!』なんかはまさにコレでしょうね。最高のPVだったと思います。

カテゴリ: DVD・CD・映画

tb: --    cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。