FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

糖質制限についての否定的なおはなし 

新年1発目の記事がこれですが、とにかく痩せたい。


で、この人あまり良く知らなかったのですが言ってることが悉く腑に落ちたので紹介。




以下ざっくり抜粋で要旨。



糖質制限するとなぜ痩せるかというと摂取カロリーが減るから。

「インシュリンの抵抗性が上がったから痩せる」みたいなことを言うお医者さんもいるけど、どうやらそれも嘘っぽいという研究結果が出てる。
系統的レビューで糖質制限食とバランス食どちらが痩せるという実験があるけど変わらない。

「僕はこれで痩せたんです!」みたいな意見は研究者は相手にしない。
なぜかというとそういうのは僅かサンプル数1だから。

糖質制限して痩せた、或いは痩せたような気分になるかと言うと、〆のご飯やラーメンを摂らないのでカロリー摂取量が減ってるので痩せてるだけ。
ご飯は減らして肉はいくらでも食べてもいいってのは間違っていて、肉を食べたら同じカロリーを摂ったら摂った分同じだけ太る。

「中途半端に糖質制限するから良くないんだ。ボディビルダーの追い込みみたいにスーパー糖質制限すればいい」っていう人もいるけどあれは脱水症状を起こしてるだけ。

1500kclの糖質量が4%と40%だった場合を比べた場合。
4週間にわたって糖質量が0%のスーパー糖質制限と摂取量の72%が糖質だった場合。
インシュリンの分泌量は大きく変化したが体重の増減の仕方は同じだった。

糖質制限で痩せたという実験結果を出してる医者もいるけど、総摂取カロリーを全く無視している。

糖質制限をするとお腹が空くのでタンパク質の摂取量が増えて結果ジャンクな食べ物が減ったりホルモンバランスがリセットされたり、タンパク質を食べると食欲が抑制されるのでそれで痩せることもあるかもしれないがワザワザしんどい思いをしてやることはない。

15428人の食生活を25年間にわたって追跡し観察研究した医学誌Lancet。
低糖質(糖質40%以下)、程々(50~55%)、高糖質(70%以上)の死亡率を調べる。
糖質50%前後が最も死亡率が低かった。
加齢すればするほど糖質制限すると寿命が縮む。
50歳前後の人で糖質50%の人は糖質40%の人より寿命が4年も長くなる。
低糖質グループよりも高糖質グループのほうが寿命が長い。
壮年でライザップで頑張ってる人たちは危険。命を削ってる。

夜寝る前に炭水化物を摂ったら太るのは嘘。総摂取カロリーに依るので朝でも昼でも夜でも一緒。
むしろ寝る2時間前くらいにおにぎり1つくらいを摂ったほうが睡眠の質が上がるという研究もある。

糖質制限の危険性:野菜やフルーツや穀物の摂取量が減る。
フルーツも根菜も食べられないし根菜も減る。お腹が空くので動物性蛋白質を摂る→動物性蛋白質を摂りすぎると老化の原因になることが判っている。
日常的にフルーツを食べない人はやる気が落ちるという研究結果も。

糖質制限が本当に身体にいいんだったらコメ主食の日本人がこんなに痩せてるのはおかしい。

糖質制限食とバランス食では分岐鎖アミノ酸や脂肪酸や食物繊維など生理活性物質の量が違う。
腸内細菌の作るホルモンが脳に送られてホルモンバランスが保たれているが、糖質制限するとそのサイクルが乱れてホルモンバランスが崩れる。

フィトケミカルやヘム鉄やビタミンやミネラルは糖質と一緒に摂らないと吸収しづらい。

短期的にボディビルダーなどがやるのはいいけど、長期的な糖質制限は身体に炎症を起こしまくって老化を促進する。
炎症が進む条件:植物性蛋白質よりも動物性蛋白質が明らかに多い場合

アジア圏の糖質は精製してあるのでそれの過剰摂取で痩せづらい身体になるのでバランス食が大事。
何を食べればいいかというと、基本的にあまり加工してない食品で糖質脂質タンパク質のバランスを取る。
どれをカットするかと言えば脂質(ホルモンが作れなくなってしまうのでゼロにしてはいけない)。


要旨ここまで。


まあそうだろうなあというご意見の連発。
主食を摂らなくなるのでメシ(パンはともかくご飯物、麺類系)の摂取機会が減るので結果総摂取カロリーが減るってことだけど、そのデメリットが大きいと。
それを言ったらこの世のすべてのダイエット法は腹六文目で抑えられない自堕落な人間への代替策で、それは本人たちもよく分かってる筈なんですけど。

自分は血糖値は今の所正常ですが父方がガチ血糖家系なので程々にしたほうが良さそうだとは思ってますが。

ただやっぱり健康の為に痩せるわけで、身体に炎症を起こしたら意味がない。ただでさえ内蔵といい外皮といい炎症を起こしやすい体質なので。


泣き言を言うと、食べて日常のストレスを発散するところが少なからずあるけど、それで得たカロリーで体重が増えてそれがストレスの原因になるという悪循環。そうなると糖質制限というのは非常に魅力的、蠱惑的と言ってもいい囁きなんですよね。

三食美味しい懐石でも食べられればいいけどそんなカネはねえ。

でも少しでも、少しずつでも痩せていきたい。

カテゴリ: ウェイトコントロール

tb: --    cm: 0

« 年明け早々A型インフルエンザ  |  2018年ゲーム進捗 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。