06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

キャリアやめて1ヶ月感想 

2016年の元旦にヨドバシアキバでiPhone5からiPhone6に機種変更しました。
その際はジュドさんに4時間近くお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。混んでたとはいえ、まさかこんなに時間がかかるとは思わず恐縮でした。

で、それから2年経ち、そろそろドコモ止めるかと思い同じようにヨドバシアキバへ。
漠然とプロバイダーがOCNだからOCNモバイルONEでいいかな、と思ってMVNOの一覧が書かれたパネルを見てたら、中東系の(勿論かなり日本語が流暢な)店員さんが話しかけてきて、それがiijmioの人でまあとりあえず話を聞いてみることに。

と言っても、値段見て、違約金の話聞いて、回線速度も(勿論半信半疑ながら)見て、それが2月28日だったので回線変更手続きが今日中に終わるかどうか聞いて、まあ悪い話は聞かなかったので(というか、悪評が頻繁に見られたYモバイル以外だったら正直どこでも良かった)ので即決。本当はUQが良かったんだけどあそこはau系列だったんで断念(iPhone6はsimロック解除不可)。



で、1ヶ月経っての感想ですが


やってよかったMVNO最高、さらばキャリア


利点1:手続きが簡単でしつこくない
キャリアだとスムーズにいっても1時間程度かかる手続きが説明聞いて色々チェックしても20分程度
で、そのキャリアの1時間以上かかる原因が何かと言えば、関係ないものの押し売り
手続きの途中で「ところでお客様、プロバイダーはどちらをお使いですか?」から始まって、モバイルルータタブレット、ちょっと前ならデジタルフォトフレーム、果ては電力会社まで。
携帯の機種変更でどうしてそこまでセールスされなきゃいけないんだよという思いが大変強かったわけですが、無駄勧誘一切なし!明朗!快活!素晴らしい!

MVNOで一点だけ面倒くさいのはwi-fiに繋いで構成プロファイルのダウンロードとインストールだけしなきゃいけない点ですけど、私の時はsimの入れ替えからプロファイルのインストールまで全部やってくれました。


利点2:回線が言われてるほど遅くない
自分の体感ですが充分な速度が出ています。但しお昼の12時から13時半くらいは動画を見るのはちょっと辛いかも。でもradiko程度なら問題なく聞ける。


利点3:通信量の繰り越しが普通にできる
この普通にというのがミソで、今までドコモでウルトラデータパックLの20GBを契約してましたが、仮にひと月5GB使って15GB余ると15GB繰り越しにはなるんですが、この15GBは翌月に充当される分の20GBを使い切るまでは使えず翌月には消滅します。仮にひと月5GB使って、翌月に10GB使うと前々月の15GBは丸々消滅して繰越分は前月の10GBのみとなります。

ところが(他所は調べてませんが)iijmioだとちゃんと前月の繰り越し分から使ってくれます。これは有り難い。

ちなみに他所は結構プランが細分化されているのに対しiijmioは結構シンプルでプランは3つのみ。3GB、6GB、10GBで私はとりあえず6GBを選択。しかしこれを書いてる29日夜現在で残り300MBという危険域に達したので来月は10GB(今だと特典で12GB)にするよう予約しました。足りなければそれでよし、今月と来月であまり使わなくて余るようなら再来月はまたプラン変更すればいいだけだし。普通に繰り越ししてくれるとこういうことも可能。
前月末日になるとプラン変更予約不可になるのでそこだけ注意か。

なお、専用アプリで残り通信量と低速モードへの切り替えも簡単にできる。
低速モードは本当にお察しレベルで、軽いページなら辛うじて見れるかな、程度。twitterも正直厳しいときがある。


利点4:何と言っても安い
料金表がこちらですが、ざっくり6GBが2400円、10GBが3500円
あのままドコモだったらそのままでも最低9000円、もし機種変更して割賦付けると最低でも11000円はかかる。

もしどうしても20GB以上の大容量を使いたいのなら、3GBのプランに20GBのオプション付ける手もある。それでも23GB4600円。ざっくりキャリアの半額。

しかも違約金も安い
ドコモだと2年縛り2ヶ月間の間に解約しないと9500円取られるのに対し、iijmioは1年で12000円、しかも1ヶ月使用ごとに違約金が1000円ずつ割り引かれるし、その後いつ解約してもいいというルール。

そう、キャリアの一番理不尽な点がそこで、なんで2年間の契約が終わった後も僅かな猶予期間の後にまた2年間縛られなきゃいかんのだと。2年使って戴いてありがとうございます、これからはいつ解約しても結構でございますっていうのがスジだろと。
どうせお前ら俺たちと契約するしかないんだからという驕りが見える、それも過去の話だけどね。


私は普段固定電話しか使わないので通話料は気にしなくていいので(かかってはくるけど自分からはかけない)、今のところデメリットが見当たらない


仕事で頻繁に通話をする人
プライベートでも携帯で話す機会が多くてかつskypeやLINEのIP通話はしない人
gmail等のフリーメールには送れない設定にしている友人がいるのでキャリアメールが必要な人

下2つは主に高齢者だと思いますが、そういう人でなければ快適です。

カテゴリ: 日記・時事系

tb: --    cm: 0

« ドラえもん のび太の宝島  |  新型iPad2018(第6世代)で大敗北? »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret