01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

東郷神社 

随分時間が空きましたが明治神宮、東郷神社参拝の東郷神社編。

明治神宮編はこちら

201602262IMG_8713.jpg




201602269IMG_8899.jpg



201602267IMG_8901.jpg



201602266IMG_8906.jpg


入り口すぐの灯籠には第一駆逐隊、駆逐艦 神風、野風、波風、沼風の文字。


ニコニコ大百科:第一駆逐隊

これで言うところの1922年(大正11年)7月31日〜1945年(昭和20年)8月26日の第一駆逐隊 [III]か。
大百科によるとこの4隻プラス45年2月という末期に転入した汐風、朝顔の計6隻。いずれも艦これ未実装。


>横須賀鎮守府所属で、峯風型の後期型である改峯風型(野風型)の全艦である3隻と、準同型艦である二代目神風型1隻によって編成。北方漁場保護活動のための警備駆逐隊として、長らく漁場監視を勤めた。

>日中戦争では華北・華中の沿岸作戦に参加。最終的には連合艦隊付属

>戦況が悪化してくると順次南方戦線に転換され、まず司令駆逐艦であった沼風が1943年沖縄沖で米潜水艦グレイバックの雷撃により戦没、翌年には波風が択捉島南方で米潜水艦シールの雷撃を受け大破。

>残った野風と神風も1945年(昭和20年)に南方進出が命じられ野風は仏印カムラン湾で米潜水艦パーゴの雷撃により戦没。

>終戦時には神風はシンガポールにて、汐風・朝顔は呉にて、また転出した波風も前線に復帰することなく呉にて残存。終戦7日後朝顔が関門海峡六連島灯台沖で触雷し大破着底。

>神風・汐風・波風は特別輸送艦の指定を受け復員輸送に従事。神風も1946年(昭和21年)6月4日に御前崎沖にて座礁した海防艦国後を救出作業中に、自らも座礁。1947年に解体。

>汐風は無事復員輸送を終え解体。船体は福島県・小名浜港一号埠頭先端の防砂防波堤として埋設された。波風は特別保管艦(賠償艦)に指定されて中華民国に引き渡され、中華民国海軍に編入後「瀋陽」(シェンヤン) と改名。


終戦後にかなり頑張ったのね。
これを見て思ったこと。波風改二になったら中華娘になるのか(そこかよ!


201602268IMG_8900.jpg



ここに概要は書かれてありますね。



201602265IMG_8907.jpg



201602264IMG_8909.jpg



201602263IMG_8911.jpg



201602262IMG_8912.jpg



201602261IMG_8913.jpg


2016022617IMG_8917.jpg



2016022618IMG_8916.jpg



2016022619IMG_8914.jpg




 
>昭和9年日本の偉大な世界的英雄が天寿を全うされるや「至誠(まごころ)は神に通じる」とその一生を貫かれた御徳を長く後世に伝えて顕彰するため、神社にお祀りしてほしいとの要望と献金が全国各地から海軍省に届き、この熱意に応えて時の大角海軍大臣は各界の識者にはかり、財団法人東郷元帥記念会を設立、全国民に呼びかけて国民からの浄財によって神社を創建することになりました。
御鎮座地は、明治神宮に近い元鳥取藩主池田侯爵邸を選び、昭和12年9月に地鎮祭、同15年5月27日(日本海海戦で完勝した日・ 当時海軍記念日)に御鎮座祭が行なわれ、欅と檜素木、神明造檜皮葺の東郷神社が完成しました。

これは公式サイトから。




別のサイト、埼玉考現学:いま明かされる東郷神社の真実


神社の鎮座地を選んだのは当時、明治神宮で神職をつかさどっていた宮司。
場所は明治神宮の近く、もと鳥取藩主の池田侯爵邸を選びました。土地は最後の鳥取藩主池田慶徳が文久2(1862)年に入手したといわれています。
広さは約2万坪。うっそうとした木々にかこまれ中央には800坪もの池がありました。範囲は現在の竹下通り北側。東郷神社や東郷幼稚園、セコムの本社から原宿警察署や渋谷区立中央図書館はもとより渋谷区立原宿外苑中学校までもを含む広大な土地でした。

でも、邸宅には住んでいる人がいます。
そこで、相当な額のお金を払い立ち退いてもらいました。昭和12年9月に地鎮祭が催されます。そして昭和15年、日露戦争の日本海海戦で勝利した海軍記念日の5月27日に鎮座祭が執り行なわれました。
けやきとひのき素木、神明造りで檜皮葺きの荘厳な東郷神社の完成です。

鎮座地を選んだのが明治神宮の宮司で、東郷とは、なんの関連性もないということ。居住者に多額の金額を払い立ち退いてもらったということ。社務所につとめる巫女さんからお聞きしました。
====引用ここまで===



東郷神社は今見ると手狭ですが、徒歩30秒程度で竹下通りのど真ん中という立地はちょっとした聖地のようでもあります。
原宿の忙しない喧騒から結界が張られているよう。


201602262IMG_8713.jpg


そして参拝後頂戴した御朱印。勝の文字に桐紋、キッチリとした良い字。



おまけ。
近くのクレープ屋で抹茶アイスと黒蜜のクレープ食べた。

2016022616IMG_8919.jpg

カテゴリ: ロケ地探訪・聖地巡礼

tb: --    cm: --