02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

信長協奏曲劇場版 



信長協奏曲劇場版、立川シネマシティで観てきました。

基本的にはかなり点数高め。ドラマ版完走組なら迷わず観るべき。

合戦シーンは圧巻の一言。
映像センスがいいからエフェクト使っててもクドくない、殺陣も質感があるし、金が掛かってるのが一目でわかる近年珍しいレベル。これだけでも価値あり。
恒ちゃんの落馬シーン、あれアクシデントらしいのだが採用したらしい。あの見事な迫力ある落馬をキチンと採用するセンスも好き。


結末も納得のいくものでした。 ドラマ版同様史実の端折り方、辻褄の合わせ方が上手。


全体的にスタッフもキャストも気合い入れて志を持って作ってくれてるのがよくわかるのですが、惜しいのは中盤以降のた〜〜〜っぷり間を取った2人芝居の多さ。正直ダレました。 特に本能寺でのサブローと光秀は緊迫した場面の筈なのに炎上してる木造建築舐めんなレベルで時が止まってる。
せめて山崎の合戦の尺がもう少し長ければ、やや中和できたのだが。 前半の石山本願寺戦が申し分なかったので本当に惜しい。


帰蝶ちゃん可愛い、超可愛い。 皆ハマり役で良い。 役者に対する不満はゼロ。
サブロー信長の気持ちも、光秀の気持ちも、秀吉の気持ちもわかるのがうまいなーと。

家臣団が相変わらずいい味出してた。
残念ながら勝家以外個々をクローズアップする尺は無かったけど。あいつら好きだわ。 変にジャニーズ(前田犬千代)の出番増やさないことからも横槍入ってないことがわかる。

nice.boatの一語が過ぎったのは私だけではあるまい>メッタ刺し


同じ回想カットインが複数回入るのは、いくらドラマの劇場版とはいえ個人的にはややいただけませんでした。 そのくらいかな、不満点は。
ああ、もうひとつだけ。 せめてオンエアから半年後に出てればもう少しこちらのテンションもキープできてたのだが。 でも、待った甲斐のあるクオリティなのは間違いないのであまり文句は言いづらい。


前半過ぎからシリアスになるので、現代のしょうもない小ネタを挟む余地が無くなってるんだよね。タモさんネタがほぼ唯一か。
一応20何年か時間経過してる設定なのでこのくらいでも違和感は無いけど、あのしょうもない現代ネタが今となっては懐かしい

信貴山も本能寺も本火を使ってるのは凄い。

原作どうするんだろう。 細部が違うだけの後追いにならないよう、かつ奇を衒わないようにするのって大変そう。


エキストラの多さは正義。凝ったセットも正義。

それを活かせてない時代物って多いけどね。松山博昭監督有能。

カテゴリ: DVD・CD・映画

tb: --    cm: --