05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

木尾士目「ぢごぷり」1.2巻 

51JWGNw6fzL.jpg



『月刊アフタヌーン』(講談社)にて、2008年7月号より2010年8月号まで連載。げんしけんの木尾士目(きおしもく)氏。

10代のシングルマザーである沖浦あゆみと、双子の妹のかなめによる子育てを描いた育児漫画である。この作品は、作者である木尾士目の育児経験がベースとなっている。子育ての楽しさよりも、赤ちゃんの夜泣き・排泄物の処理等、その苦労が強調されており、それに伴って母親であるあゆみが育児ノイローゼに陥っていく様が克明に描かれている。



iPhoneの追尾広告に釣られてしまった…けど釣られてよかったわ。

先日ドラマ版が始まったコウノドリもシビアな話が多いけど、これは輪をかけて重いわあ…でも尊いね、うん。お手伝い程度でもいいので一度はやってみたいです父親。


知らないことも結構あり…会陰切開くらいは知ってましたけど、悪露、授乳パッド、産褥ショーツ、生理的微笑なんて存在すら知らず。

ただそんな知識面より、育児ノイローゼになる様が非常にリアルで、そりゃ母は強しと言われるわけだ。かなめは敢えて10代、シングルかつ妹と共同、知識面万全、ネット嫌いの超完璧主義者という際立った設定にしてありますが、そうでなくても強いというか、図太くならざるをえないわな。これを全員やってると思うと尊敬せざるを得ない…


学生時に模擬裁判で嬰児殺しのケースとかあったけど量刑が驚くほど軽いのに一同、殊に女性のほうが憤慨していた覚えがありますが、実態を知るとまた別なんだろうなあ。

カテゴリ: 読書、漫画

tb: --    cm: --