08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

最強のふたり 

今年の映画1本目、Huluで「最強のふたり」




仏:2011年(日:2012年)
エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督
フランソワ・クリュゼ、オマール・シー主演

パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすこともできない。フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこなっていた。

ドリス(オマール・シー)は、職探しの面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来る。ドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため、紹介された面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。フィリップは、自分のことを病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。


----------------------------------------

ずっと観たいと思って観そびれてしまっていました。非常に好きな一本、新年早々素晴らしい映画。



冒頭からしていい意味で当事者からして不謹慎極まりないです。重度の障害というものに対する捉え方の差というのは当然出てきますけど、例えばこれがフィリップの独白調で話が進むならもうちょっと愚痴も出るでしょうし介護される側の苦悩というものがクローズアップされるかもしれませんけど、この映画は俯瞰で進みそういった介護の大変さみたいなのは極力描かれないようにしてあります。それもそうで


自分が愚痴りたい時はあろうが、それでも人に同情なんかされたかねーよ


と私なんかは思いますから。そういった偽善が大嫌いです。お前に言われるまでも、忖度されるまでもなくこの身の上の不幸を誰よりも理解してるのは自分自身でしょうから。同情する側とされる側の間に友情なんて成り立たないでしょうし。


上記理由の延長線で、話が平板なのも逆に気に入りました。これが山あり谷ありだと陳腐で楽しめなかっただろうとも。


なんか…こういう関係っていいよね!って思えるかどうかだと思います。大好きな作品です。

カテゴリ: DVD・CD・映画

tb: --    cm: --