05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

クロスアンジュ見て感じたデジャヴ 

昨日Skypeで教えてもらってバンダイチャンネルの一挙放送を5話(中途半端w)から12話まで観た「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」結構面白かったです。


感想はさておき、設定の「マナと呼ばれる、超能力(と言って差し支えない)を使えない者はノーマと呼ばれ、忌み嫌われ迫害される」という設定が何かの作品によく似ているような気がしたのです。


最初はサガフロンティア2かなと思ってました。あれもアニマが使えない人間が差別される世界ですよね。

「特殊能力 差別」などで検索すると山口貴由氏の「蛮勇引力」などは高度に発達した文明に適合できない昔ながらの人間を社会の脱落者として虐げる設定らしいですし、機械化人間が普通の人間を差別する「銀河鉄道999」などもありました。



サガフロ2が割とマッチしてたのでこれかなあ…と思いつつもなんか違うなあ、しっくり来ないなあと思って一晩寝てもう一度考えたら思い出しました。



巫代凪遠氏の「聖マルガレタ学園」だ。今検索したら製品版、同人板ともに違法サイトに丸上げされているのでググるのは自己責任でオナシャス、結構グロいです。

簡単に説明すると男性の出生率が極端に少なくなった世界で、遺伝子検査で将来高確率で女子を産むと診断された女子は、以降一切の人権を剥奪されて性的に迫害されるみたいな話。

絵面もそうだけどサガフロ2と決定的に何が違うかというと、生まれながらに差別されるより人生の途中までは普通の人間として過ごしてきて、あとでそれが暗転するという点。それまでの人間的繋がりが一切途切れるのみならず信頼してたもの達からも迫害を受けるという。



どうもクロスアンジュのこの設定、あんまりしっくり来なかったりはしますけどね。

恐怖感から持たざる人間が持つ人間を迫害するのは、それこそこの作品にも関わってる福田己津央氏のガンダムSEEDでも描かれてますし、見た目が異形なモノに対する恐怖っていうのも判るんだけど、無能力者で見た目も変わらず何もしていない者が畏怖の対象になるってなんかしっくり来ないんだよなあ(「見下す」タイプの差別ならまだ理解できるが劇中ではそうではない)。

世代交代があったなら教育による刷り込みっていうのもあるけど、世代交代もしてないと。ジルさんが風呂に入りながら刷り込みが行われたような話をしてたが弱い。


で、ここがしっくりこないと私の中で何が問題になるかというと「ムカつく」大衆全てが理解不能になるので後々どういう展開になろうが赦されることに対する違和感が出てくるんだよねー。簡単に言うと死んでもその思考回路は赦されねぇよ的な。直後にダイナミック手のひら返しをした妹ちゃんも私の中ではかなり黒だし。


最終的にどういう着地点になってもなんか納得しづらくなる気がするんだけど、こんなウダウダはここでしか言えないのでTwitterでは黙ってますハイ。

カテゴリ: アニメ

tb: --    cm: --