02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

大奥11巻 

大奥 11 (ジェッツコミックス)大奥 11 (ジェッツコミックス)
(2014/08/28)
よしながふみ

商品詳細を見る
大奥が史実通り女の園となった家斉時代。


しかし…治済完全にサイコパスじゃないですか。
またこれが、程度問題あれ居るんですわ。普通の人なら絶対超えない一線をいとも簡単に超えてくる奴というのは。片鱗を見かけたら距離を置くに限る。しかしこれが最高権力者となると…げに怖ろしい。

尊号一件は迂遠なので省略して直接諫言即罷免。定信もしかしてこれで終わりですかw



11巻は爆発する前の前座、だと思います。平賀源内が撒いた種がどう実を結ぶのか。黒木、伊兵衛、僖助の活躍は。
そして史実的にはどう収斂していくのか。

「男が」「子供を産んでは政に専念できぬ」はそのまま現実世界の女性の裏返しなんでしょうね。容易に読み取れました
完全にSFでも悪くはありませんが、この話、やはり「逆転」しているところに価値のある話だと思っています。となれば、徳川の世の終焉とともに、男女があるべき姿に戻る、現実世界へ収斂されるべき話でしょう。その道筋と、結論というのを待ちたいと思います。


あと前巻の時にも言いましたが一橋治済って生涯勝ち組で終わるので…なにがしかのカタルシスは読者に用意されているのではないかと思ってはいるのですが。また1年後でしょうが12巻も期待。


一番の泣き所は、黒木とるいさんの息子の名前が青史郎という点でしょうか。青沼の一字が入ってる…

カテゴリ: 読書、漫画

tb: --    cm: --