04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

めしばな刑事たちばな13巻 スパゲティ・アラカルト 

めしばな刑事タチバナ13 (トクマコミックス)めしばな刑事タチバナ13 (トクマコミックス)
(2014/04/03)
坂戸佐兵衛、旅井とり 他

商品詳細を見る


C&Cのサービス券、いつも捨ててたけど有効期限内の券が一枚でもあれば有効とか知りませんでした。思いっきり沿線なのに。絵柄の変遷は長期連載の常ですがネタにするとは。立花はまだしも五島くんも村中ちゃんも顔濃すぎ。


ナポリタンの郷愁は柳沢きみお先生の大市民に詳しい。腕のマズイやつがマズイ材料で作るから旨いという変なメシ。

428の聖地巡礼でのロートレックのナポリタン、一度食べてみたい。


【横浜市南区】日本ナポリタン学会直営の元祖ナポリタン「横浜ナポリタン物語 宿るや商店」@井土ケ谷
>ナポリタンの発祥には諸説ありますが、一般的には終戦直後、ホテルニューグランドの総料理長だった入江茂忠氏が接収していた進駐軍の兵士がトマトケチャップとスパゲティを軍用食として持ち込み、ゆでて塩・胡椒で味付けしたスパゲティにあえて食べていたのを見て、ハム、タマネギ、ピーマン、マッシュルームを強火で炒め、スパゲッティを加えてトマトソースにあわせ、すりおろしたパルメザンチーズとパセリのみじん切りをたくさんふりかけた料理を開発した、というのが定説になっています。

>中世の頃、イタリアのナポリでスパゲッティはトマトソースをかけて屋台で売られていたところから、「ナポリタン(ナポリ風)」という名称が付けられましたが、もちろん純粋に横浜発のメニューなので、イタリアにもアメリカにも存在しない料理です。


これが「うまいが、いわゆる『ナポ』ではない」ほうの元祖ナポリタン。


では「ナポリタン以外の何でもない!」ほうの洋食屋はというとこちらのセンターグリル


スパゲティ・ナポリタンの起源について考える

こちらに更に詳しい考察がありましたね。


ちなみにホテルニューグランドの総料理長サリー・ワイル氏はドリアの考案者でもあるそうな。プリン・ア・ラ・モードもここのホテル発祥。凄いな。



壁の穴は道玄坂小路か原宿か。


ミラネーゼねぇ…パスタ・デ・ココ、聞いたことないけどあんかけスパ専門店とはまたニッチな。東京近郊だと新橋虎ノ門付近に1店舗だけあるね。


ケチャッピー…これも見たことない。

カテゴリ: 読書、漫画

tb: --    cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。