FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

年明け早々A型インフルエンザ 

1月6日日曜未明に旅行から帰宅。
日中に少し体調が崩れて、疲れが出たせいかと思う。

7日月曜、寝てれば治ると思って半日横になる。
断続的に寝る。iPadを弄るつもりにもならずひたすら寝る。
しかし下半身はじめ全身の倦怠感も全く治らず、夕方から目に見えて発熱。
同時に旅行の送り迎えをしてくれたジュドさんのTweetで、A型インフルエンザの診断を受けたことを知る。

ちなみに後で調べて知りましたが、インフルエンザは空気感染はしないけど飛沫感染はするらしく、恐らく人口密度たっぷりの熱田神宮かイオンモール辺りでうつされたんじゃないかと後で2人で自嘲。
この時点でインフルちゃんなのではと半ば悟る。立つのも辛い状態に。しかし日中寝てたせいかあまり入眠できず。
熱を測ってたが結局ほぼ38度台~39度台前半のまま。

朝一で地元の内科に。
症状を告げると即こよりのようなものを鼻に突っ込まれ細胞を取る迅速診断キットを使用される。少し涙ぐむ。
5分程度で結果。A型インフルエンザの診断。

隣の薬屋で薬を処方。
ゾフルーザ錠20mgを4錠「その場で」飲まされる。それで終了という実に簡単な薬。
それとアセトアミノフェン錠のマルイシ(ジェネリック)。

ジュドさんはタミフルを処方されたようですが、同じA型インフルエンザでなぜ別なのかと調べると

>即効性があるので、家庭内での感染は減らすことができる。ただ熱が下がったり症状が軽減されたりするわけではないので、従来の『5日間安静』は基本になる。妊婦の場合は、胎児に対する影響がまだ分かっていないため注意すべきだ」と話す。

>また、「1回服用」にも注意点はあるようだ。 「ゾフルーザを飲んですぐに嘔吐(おうと)してしまった場合、どのくらい身体に吸収されたのか効果が分からなくなるが、2度処方することはできない。その点タミフルは、1度嘔吐しても1日2回、5日間服用するため効果がみられる。嘔吐しやすい人は吸入薬の『イナビル』や『リレンザ』などの服用もお勧めする」と解説する。


https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/190116/lif19011618070021-n1.htmlより引用。


薬価はあまり気にしませんが、これが10割負担となると手元のお薬説明書だと2394.5円(2錠)×2なので約4700円(再診療代別途)なのでこれは大きい。嘔吐反応の多い人は吸入薬でもタミフルやリレンザのほうがいいかも。
しかしこの1回で即終了しかも錠剤というのは素晴らしい。飲み忘れもないし、自分は次もこれを希望したい。


その後結局ほぼ全快、まで持っていくのには11日金曜日までかかりました。
インフルエンザ予防接種をしなさいとお医者さんからは結構言われましたが…結構かかるんですよね自己負担。
予防接種しようとする殊勝な人こそ保険対応してくれないかと思うのですが、残念ながら我が国では予防は保険の対象外。
前年10月(ほんの3ヶ月前)から世田谷区では中学生で1000円助成、65歳以上では一律2500円としたそうですが、それ以外は全額実費。近所だと4500円取られるそうで…。いや、もちろんあのしんどさを回避するのに5000円は安いっちゃ安い、そのくらいしんどかったわけですが。ですが。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記・時事系

tb: --    cm: 0

糖質制限についての否定的なおはなし 

新年1発目の記事がこれですが、とにかく痩せたい。


で、この人あまり良く知らなかったのですが言ってることが悉く腑に落ちたので紹介。
-- 続きを読む --

カテゴリ: ウェイトコントロール

tb: --    cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。